産後に膝が痛い・腫れる…原因や対策を解説します

産後における膝の痛みや腫れは日常生活に大きな影響を与えてしまいます。

特に育児や家事で動きまわることが多くなる状況の中で膝の痛みがあるということはかなりの苦痛です。

しかし、痛いと言っても育児も家事も待ってくれることはないため無理をして頑張ってしまっている現状の方も多いのはないでしょうか?

産後のダイエットを整骨院オリジナルの骨盤矯正と食事指導で行いたい方はこちら

今回はそんな方のお役に少しでも立てればと思い、産後の膝の痛みや腫れについて原因や対策をお伝えしたいと思います。

産後の膝の不調の原因

それではなぜ産後に膝の痛みや腫れなどの不調が出てしまうのでしょうか。

体重増加

産後は体重が増えやすく膝をはじめとした関節に負担が掛かりやすくなってしまいます。

妊娠中も体重自体は増えていたでしょうが、膝の屈伸や激しい動きをすることはなかったはずです。

ところが、出産を終えて育児や家事で動き回ることも多くなり、体に負担を掛ける動きも増えてきた中で、体重の増加が顕著に関節へ負担を与えてしまい痛みや腫れを引き起こしてしまうことが考えられます。

骨盤の歪み

産後は骨盤が広がり、歪みやすい状態になっています。

骨盤が歪んでしまうことで、体のバランスは顕著に崩れてしまいます。例えるならば、整備不良の車になっている状態です。

整備不良の車で長距離を走れば、どこかしらの不調が出てしまい走れなくなってしまいます。しかし、しっかりと整備された車で長距離を走っても故障はしにくいです。

骨盤の歪みは車で言えば整備不良の車と同じです。しっかりとメンテナンスをしなければ様々な場所に不調が出てしまいます。

全身性エリテマトーデス

産後などの女性ホルモンのバランスが変化しやすい状況下で最も注意をしなければならない病気が全身エリテマトーデスです。

全身エリテマトーデスとは自分の体を間違えて攻撃してしまう自己免疫疾患というもので、関節の痛みや腫れなどの症状から、内臓系に渡る症状まで多岐に渡ります。

もし、関節に痛みや腫れが続いたり、発熱などの症状がある場合は最寄りの医療機関を受診しましょう。

産後の膝痛の対策

まず膝痛に対しての対処療法は「冷やす」ことです。痛みや腫れある場合は氷水などで20分程度冷やしてあげることで痛みが緩和します。

根本的な改善で過体重の場合は少しずつ体重を減らすようにすることが最善です。無理なダイエットは体に負担を掛けるため多くとも1週間に1~2㎏以内の減量にとどめるようするようにしましょう。

もし痛みや腫れがなかなか引かず、更にひどくなってしまうような状態であればまずは最寄りの整形外科を受診されることをおすすめします。

まとめ

産後は育児や家事に忙しく、痛いなどの不調を言っている場合ではないと思い頑張ってしまう方が多いですやらないといけないという気持ちは分かりますが、痛みや不調などを放っておいても自然治癒することは少ないです。

お子さまが居れば医療機関にいくことも簡単ではないでしょうが、もし不調が長く続くようであれば周囲の方の力を借りて受診されることをおすすめします。

あなたの不調が1日でも早く改善することを願っております。

おすすめの記事