産後は子宮頸がんになりやすいのは本当?それとも嘘?

産後に子宮頸がんになりやすいわけではない

子宮頸がんとは、「子宮頸」と呼ばれる子宮の一部に癌が発生することです。

子宮頸がんのほとんどはヒトパピローマウイルスの感染によるものが原因です。

ウイルスは成人した女性が「一生のうちに一度は感染する」といわれるほど身近なウイルスなのです。

そのため、90%は2年以内に自然に治癒します。しかし、 子宮頸部に傷がある、免疫力が低下していると体内にウイルスが残り、子宮頸がんの形成となる場合があります。

子宮頸がんは、早期に発見すれば治療しやすく「予後の良い癌」です。

子宮の入り口付近に発生することが多いので、産婦人科の診察で鍵探しやすく発見されやすいいです。

しかし、進行していると治療が難しいため早期発見が大切です。

そもそも子宮頸がんのリスク要因は?

「産後に子宮頸がんになりやすい」というわけではありません。

なぜなら、子宮頸がんは、 出産の有無にかかわらず、30代後半から40代前半が多く発症しているからです。

女性ホルモンには、 プロゲステロンとエストロゲンがバランスよく分泌されることで、保たれています。

この女性ホルモンは脳の視床下部によってコントロールされています。しかしこの視床下部は、 ストレスや、極端なダイエット、不規則な生活でダメージを受けやすいです。

30代以降から、この視床下部にストレスが特にかかりやすいため、女性ホルモンの乱れが発生し、子宮頸がんのリスクが高くなるという見解もあります。

子宮頸がんのリスク要因は、ヒトパピローマウイルスの感染が高くなることと、 女性ホルモンの変動です。

子宮頸がんの要因である、ヒトパピローマウイルスの感染は「性行為」によって感染する可能性が高くなります。

そのため、 30代の子持ちの女性がかかりやすいです。感染防止のためには、コンドームの使用が望ましいですね。

子宮頸がんの検査はどこで受けられる?

お住まいの自治体で、各市町村が指定する健診機関や、医療機関で受診することができます。
指定される場所は、産婦人科や健診機関です。

2年に1度であれば、一部の費用を負担してもらえます。実質自己負担では無料から2000円程度で受けることができます。

自分のお住まいの子宮頸がん検診について調べておきましょう。

子宮頸がんを予防するためにできること

子宮頸がんを自分で予防するには、3つのポイントがあります。自分でできる予防法なのでぜひ覚えてください。

さらに予防を徹底したいという方は、ワクチン接種の方法もあります。

免疫力を上げる

子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染によって発症されることが多い。そのため、自分の免疫力が高ければウイルスを撃退することもできます。

免疫力を高めるためには、生活習慣を整えましょう。

バランスの良い食事をとる、 睡眠をしっかり確保する、適度な運動が必要です。薬に頼らずまず自分でできることから始めてみましょう。

コンドームの使用

ヒトパピローマウイルスの感染は、性行為によっておきます。コンドームの使用により、粘膜が直接触れることを防げます。

避妊のためも、自分の健康を守るための安全対策であることを知っておきましょう。

禁煙

タバコには有害物質が多く含まれています。そのため癌の危険因子の一つでもあります。

子宮頸がんを予防したいのであればがんのリスクを少しでも避けましょう。

ワクチン接種による予防

子宮頸がんの予防にはワクチン接種の方法もあります。

ある自治体では、ワクチン接種により20歳の子宮頸がん検診において、前癌病変が見つかる割合が減少していることが示された報告もあります。

しかし、 副作用によるニュースも流れ、日本のワクチン接種量はとても低いです。

ワクチン接種による 予防も有効ですが、不安な点がある方は医師に相談してみましょう。

まとめ

「産後は子宮頸がんになりやすい」というわけではありません。

子宮頸がんは、「子宮頸」と呼ばれる子宮の一部に癌が発生することです。原因はヒトパピローマウイルスの感染によるものです。

子宮頸がんの発生が多いのは30代から40代です。

子持ちのお母さん世代がかかることが多いため、「産後は子宮頸癌になりやすい」という認識がされるようになりました。

子宮頸がんは予防することができます。免疫力を高め、 避妊具を楽しく使うことで自分の身を守ることができます。

今回の話が、女性の健康を守る手助けとなれば幸いです。

おすすめの記事