子供の膝が痛いのは成長痛?症状や原因、対処法、受診すべき診療科を解説

ジャンプする子供

「子供の膝が急に痛みだした…」

「膝を痛がっているけど原因はなに?」

スポーツしている子供に多く見られる膝の痛み。怪我の場合もありますが、どこかにぶつけたり、ひねったりしていないときはどんな原因が考えられるのでしょうか?

可能性として考えられるのは成長痛です。この記事では子供の成長痛について詳しく解説していきます。

ぜひ、ご覧ください。

子供の膝の痛みは成長痛?

スポーツをしている場合、急に起こる膝の痛みで代表的なものが成長痛です。特にサッカーや野球、バスケ、陸上をしている子供に多いと言われています。

ちなみに他に考えられる原因には、

  • スポーツでの体の使い方が悪く膝に痛みが出ている
  • その他の疾患

です。ここでは他の原因には触れず成長痛について解説していきましょう。そもそも成長痛とは一体どんな状態なのでしょうか?

成長痛とは?

成長痛とは、「成長期(幼児期、学童期、思春期)の子どもの下半身に起こる痛みの総称」です。

有名なところで言えば、膝に起こるオスグッド病や踵に起こるシーバー病なども含まれます。最も多く成長痛が起こる部位は膝であり、「急に子供の膝が痛む」ことも多くあります。

では、成長痛の原因にはどのようなものがあるでしょうか?

成長痛の原因と対処法

成長痛の原因は複数考えられます。

  • 体の成長に対し運動量が多い
  • 精神的ストレス
  • タンパク質不足

ひとつずつ解説していきます。

体の成長に対し運動量が多い

子供の体は大人とは異なり、まだ大きな負荷に耐えられません。膝の関節や筋肉も同様であり、繰り返し負担がかかってしまうと痛みが出てしまうこともあります。

場合によってはオスグット病といわれる疾患になってしまいます。オスグット病は筋肉の緊張によって膝の骨が盛り上がってしまう疾患です。

筋肉によって繰り返し膝の骨をひっぱるような力がかかることによって起こります。

スポーツをしている子供に膝の痛みが発生した場合、まずは安静にすることをおすすめします。子供はスポーツをしたがりますが重症化しないためにも我慢が必要です。

精神的ストレス

精神的なストレスがあっても膝の痛みが起こる可能性があります。年齢に伴って自分でやらなければいけないことが多くなり、その影響で心のストレスが膝の痛みとして出てしまうのです。

しっかりとお子さんと話さなければわからないため、最近の学校の様子や友達関係について聞いてみるのも良いでしょう。

タンパク質不足

意外と見落としがちなのがタンパク質不足です。筋肉や骨はそもそもタンパク質からできています。そのため、十分なタンパク質を摂取していないと膝の痛みが出やすくなってしまいます。

毎日の食事で「肉・魚・卵」を全く食べないようなら可能性はかなり高いと思われます。タンパク質を摂取しないことによって骨がもろくなり、筋肉も柔軟性を失ってしまいます。

スポーツしている子供は特に気をつけましょう。運動をしている分、一般の子供よりも細胞の修復に必要なエネルギーが大きく、タンパク質もかなり必要です。

まとめ

子供の膝が痛む原因について解説しました。この記事を参考に、お子さんの膝が痛む原因を考えてみましょう。

また、お子さんの膝の痛みを放置してしまうと今後の成長に響いてしまうこともあります。そのため、できるだけ早めに対処することがおすすめ。

整形外科や整骨院で専門的なケアが受けられるので、しっかりと治したい場合は受診しましょう。

コメントは受け付けていません。