生理中でもダイエットはしても良いの?気をつけるべき3つのポイント

微笑む女性

「ダイエットをしたいけど生理中でも大丈夫かな?」「生理中のダイエットで気をつけるポイントってなに?」

生理中にダイエットをしたいという方は多いですよね。結論から言うと、生理中にダイエットはしてもOK!しかし、気をつけなければいけないポイントもあります。

やみくもにダイエットをしてしまうと体調を崩してしまうリスクもあるからです。

この記事では、

  • 生理中のダイエットで注意すべき3つのポイント
  • 生理中の運動やトレーニングについて

を紹介します。ぜひ、ご覧ください。

生理中のダイエットで注意すべき3つのポイント

振り返る女性

体調はもちろんですが、生理中は心の調子も変わりやすく、いつも通りのダイエットを行っていると心身に大きな負担をかけてしまいます。

生理中のダイエットで注意すべき3つのポイントは以下の通りです。

  • いつも以上のストレスをためな
  • 糖質を食べすぎない
  • 食事は無理に抜かない

一つずつ解説していきます。

いつも以上のストレスをためない

自律神経と深いつながりのある女性ホルモン。ストレスをためないように生理中の期間を過ごすことで、女性ホルモンのバランスが整い、生理後のダイエットがスムーズになります。

ストレスを感じた時は無理をせず、ストレスの原因からなるべく離れるような工夫をしましょう。

生理中は体温が低くなっているので、ぬるめの温度で長めに入浴したり、冷たい飲み物を控えるなどの工夫が大切。軽めのストレッチ心をリラックスさせるためおすすめです。

糖質を食べすぎない

マカロン

生理中の体に必要なのはタンパク質と鉄分です。適正なカロリーまでに抑えなければいけない食生活の中、糖質でカロリーをとってしまっては必要な栄養素をとることはむずかしくなります。

また、糖には体を冷やしたり、依存したりする特性もあるのでなるべく控えたい栄養素。

どうしても甘いものが食べたくなったら、果実やカカオが多く含まれたチョコレートなど他の栄養素がとれるものを選びましょう。

また、購入する前に成分表示を見ることも大切。どの程度の糖質が含まれているかを確認することで無駄なカロリーをとらずにすみます。

食事は無理に抜かない

体を作っているのは食事からの栄養素。脂肪を効率よく燃やす筋肉も、美しく保ちたい肌や髪も全ては食事からとる栄養素から作られています。

食事を無理に抜いてしまうと、大切な筋肉まで分解し、体調を崩してしまう要因になることも。

健康でイキイキとした体を手にいれるためには、食事を抜くことよりも必要な栄養素を必要な分だけ取り入れることが大切。

生理中は体重が落ちにくい期間ですが、焦ることはありません。生理後の1週間は痩せやすい期間になりますので、その時のために体を整えておきましょう。

生理中の運動やトレーニングは大丈夫?

トレーニングする女性

生理中の運動はヨガやストレッチなどゆるやかなものがおすすめ。

生理中は体を温め、気持ちを楽にすることが大切なので、ゆっくりと呼吸を整えながら行える運動が向いています。あまり激しい運動をしていると体調を崩してしまう可能性もあるので注意が必要。

また、生理中は体に水分をため込みやすい時期でもあるため「体重が減らない」と焦ってしまうこともあるかもしれません。そこで無理に運動をしてしてしまうのは禁物です。

生理中は体重を意識しすぎず、ダイエットを行なっていきましょう。

まとめ

生理中はいつもと同じようにダイエットに取り組んでいても中々成果が出にくい期間。そのためつい無理をしてしまいがちですが、焦ってしまうと逆効果になってしまったり、健康を害してしまう恐れがあります。

体重を減らすことよりも、体を整える期間と考え、なるべく気持ちを楽にしていられるように工夫をしましょう。

コメントは受け付けていません。