整骨院で骨折のリハビリはできるの?整骨院でリハビリ可能な症状を解説します

病院で診てもらって骨折していることは分かっているのだけれど、病院って必要以上のことをしてくれない…少しでも回復を早めたいのにレントゲンを撮るだけ…など不満に思っている方も多いのではないでしょうか。

整骨院なら骨折のリハビリや過ごし方のアドバイスもしてくれますよ。なんといっても整骨院にいる施術師は柔道整復師という資格を有しており、柔道整復師は骨折や脱臼といった外傷が専門職なのです。

そこでこの記事では整骨院における骨折のリハビリと気になる保険適用の話をご紹介したいと思います。

整骨院でリハビリができるの?できる症状とできない症状がある

整骨院では事故の外傷、病気による後遺症など様々なリハビリに取り組んでいます。ただしできないこともあります。

それは医療行為と呼ばれるもの。病院とは違い整骨院では医療行為を受けることができません。

整骨院に通ったことのある方は分かると思いますが、注射やMRIなどの器具はありませんよね。また投薬の治療などもしません。このことから整骨院は手技やストレッチにより患者の自然治癒力引き出し高める場所であり、そのための手助けを行っていると考えましょう。

骨折のリハビリは整骨院でできるの?整骨院では骨折のリハビリは可能

骨折のリハビリは行っています。整骨院で施術を行うのは柔道整復師という国家資格を持った施術師で、この柔道整復師は厚生労働大臣免許のもと骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷などの施術をする職種の正式名称です。

ですから骨折は柔道整復師の専門分野と言えるわけです。これなら安心して整骨院にてリハビリを受けることができますね。

脳梗塞やリウマチのリハビリは?自費ならできるが、保険は使えない

整骨院では脳梗塞やリウマチなどのリハビリも行っています。なかなか移動が難しい患者の場合、整骨院によっては訪問サービスを行っていることも。

ただし注意が必要なのは保険適用にならないということです。整骨院の施術は基本的には骨折・不全骨折・脱臼・捻挫、打撲、挫傷のみが健康保険の適用対象となります。

保険の対象外でも整骨院に通ってみようと思ったらまずはサイトを確認するなどして施術料を確認しましょう。

整骨院で健康保険が使える場合は?負傷の原因が急性、亜急性の外傷性の負傷

整骨院での施術に健康保険が使えるのは急性の骨折、打撲、ねんざ、挫傷(肉離れなど)脱臼に限られます。

よく整骨院の看板などに『各種健康保険使えます』と書いている場合でも同じく適用となるのは上記の場合のみとなります。

施術を受けて支払いの時に自己負担に気付いては遅いですから事前にきちんと確認を行いましょう。

健康保険が使えない条件は?日常生活の首や肩こり・腰痛など

整骨院では生活習慣による首や肩のこり、腰痛などは保険適用となりません。例えばですが悪い姿勢によって肩こりや首にコリが現れたなどで整骨院にて施術を受けても治療費は全額自己負担となってしまいます。

他にも部活動やスポーツなどで筋肉痛になった場合、加齢による体の痛み、神経痛やリウマチ・ヘルニア・五十肩、脳疾患後遺症などのリハビリは自己負担となります。

健康保険は使えませんが整骨院は広い範囲で様々な治療を行っています。病院では解決できない体の不調をみてもらえますので上手に活用しましょう。

整骨院でリハビリをする場合のまとめ

この記事では整骨院でも骨折のリハビリを行えることが分かりましたね。負傷の原因が急性、亜急性であれば健康保険の対象となりますので整骨院に来院する際には保険証を忘れずに持って行くようにしましょう。

その他にも自己負担にはなりますが肩こりや腰痛などの治療も行っています。また、整骨院によって様々な特徴もあります。

例えばA整骨院は骨折などのリハビリやスポーツによる肉離れを得意としていたり、B整骨院では生活習慣による体の歪みや肩こりなどを得意としていたり整骨院によって得意分野が存在します。

最近では公式のホームページやブログなどで様々な発信をしていますのでそこから自分の症状や受けたい施術などを探すのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。