変形性股関節症は貧乏ゆすりで治る?やり方や効果、回数などを解説

変形性股関節症は、クッションの役割をしている軟骨がすり減って、動くたびに骨と骨がぶつかり合うために痛みが出ます。体重を減らせば、股関節にかかる負担が減るので痛みは改善します。しかし、そう簡単には痩せられないでしょう。

股関節周囲の筋力をつけるのもおすすめです。“貧乏ゆすり(ジグリング)”が効果的だと、最近注目されています。細かい振動で繊維軟骨ができて股関節の表面が覆われ、スムーズに動くようになるといいます。

変形性股関節症治療は貧乏ゆすりが効果アリ?

ジグリングは、久留米大学名誉教授の故・井上明生先生が提唱された変形性股関節症の保存療法です。一般的には、「貧乏ゆすり健康法」という名前ですでに知られています。

その動作が、いわゆる貧乏ゆすりと同じであることから、そのような俗称で呼ばれているわけですが、医療の分野ではジグリングと言っています。

「まさか貧乏ゆすりで、変形性股関節症に効果があるのだろうか」と思われるかもしれません。

実は、ジグリングによってすでに、変形性股関節症の痛みの軽減、軟骨の再生、関節裂隙(股関節間のすき間)の拡大などの例が報告されてきました。その意味では、注目すべき保存療法と言えるでしょう。

ジグリング(貧乏ゆすり様運動)のような小刻みに関節を動かす運動は、関節軟骨に栄養を補給して関節軟骨の状態をよくするのではないか、と推定できます。

ジグリングをする上でのポイントの一つは、股関節のリラックスです。いすなどに座った状態でジグリングを行えば、股関節に負荷がかからず、リラックスした状態で行うことができます。

やり方は、まさに貧乏ゆすりの動作そのもの。行うのは症状のあるほうの足です。足の裏が床につく高さのいすに腰かけ、つま先は床から離さないようにかかとを小刻みに上下させることをくり返します。

変形性股関節症を貧乏ゆすりで治すやり方

注意することリスト
  • 症状のある側のみに行うのが基本だが、予防のために両方の足に行ってもよい。
  • 行う時間の目安は、1日に合計で2時間以上。一度に行うよりは、こまめに分けて行うほうが効果的。
  • 毎日続けることが重要。「貧乏ゆすりがクセになる」くらいまで取り組むのが、効果を出すカギ。
  • 股関節に痛みが出たり、痛みが悪化した場合は、すぐに中止すること。
  • 人工股関節のある人は行わない。
  • まずは専門医でしっかりした診断を受けてから実践すること。

変形性股関節症は、クッションの役割をしている軟骨がすり減って、動くたびに骨と骨がぶつかり合うために痛みが出ます。変形性股関節症がまだ進行期の前半までであれば、保存療法の効果があると思います。保存療法で最も基本的だけれど、一番難しいのが減量です。体重を減らせば、股関節にかかる負担が減るので痛みは改善します。しかし、そう簡単には痩せられないでしょう。

そのほかに、股関節周囲の筋力をつけるのもおすすめです。“貧乏ゆすり(ジグリング)”が効果的だと、最近注目されています。細かい振動で繊維軟骨ができて股関節の表面が覆われ、スムーズに動くようになるといいます。しかし軟骨がかなり傷んでしまっていると、運動療法はそれほど有効ではないかもしれません。とはいえ、股関節周りの筋肉を鍛え維持することは、最終的に人工股関節置換術を行うことになった時にも非常に大事です。

変形性股関節症を貧乏ゆすりで治す際の回数

比較的年齢が若い方で、もともと臼蓋形成不全があり、痛みは強いけれど、まだ軟骨の変形があまり進んでいない場合には、骨切り術という選択肢もあります。これは、意図的に骨盤の骨を切って股関節の形、向きを変えることで荷重面を水平化し荷重面積を増やす方法です。自分の骨や組織が温存できますが、体重をかけるまでに時間がかかります。そのためか最近は、早期に社会復帰を望む方も多いので、人工股関節置換術を希望される方が増えてきています。

しかし、臼蓋形成不全の程度がひどい方にそういう関節鏡を使った手術をすると、かえって不安定性が出て当初は痛みが取れても、最終的に軟骨の傷みが進んで変形性股関節症が急速に悪化することもあるので、適応に関しては十分に注意しなくてはなりません。

まとめ:健康は毎日の積み重ねです

人間の体は1日2日で健康になるものではありません。

自分の体の状態を内側・骨格から整え、長期的な健康を促進するためには、ある程度の期間をかけて継続していく必要があります。

限りある人生をより充実したものにするために、股関節症の有無に限らず日頃から健康を意識した行動をとるように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。