産後の骨盤の痛みは帝王切開が原因!? 術後の正しい過ごし方とは?

帝王切開とは開腹手術によって赤ちゃんを出産する方法で、ママの体には大きな負担がかかります。しかし、大きな負担がかかるといっても骨盤との関係はないと感じる方が多いのではないでしょうか。

産後の骨盤の痛みと帝王切開の関係について詳しく解説しています。また、術後の正しい過ごし方もがまとめてありますのでご覧ください。

産後の骨盤の歪みと帝王切開の関係

帝王切開によって出産をしたママの骨盤はどうなっているのでしょうか。 多くの方は「帝王切開で出産したから骨盤は開いていない」 と考えているようです。

しかし実際には違います。自然分娩だろうと、帝王切開だろうと骨盤は開いているのです。

帝王切開でも骨盤が開いてしまう理由

帝王切開だとしてもママの骨盤は開いてしまいます。これは出産の準備をするためにリラキシンというホルモンが分泌されているためです。

このリラキシンというホルモンはお子さんを出産しやすくさせるために骨盤周りの組織を柔らかくする働きがあります。 このリラキシンが出ないと骨盤は固くなったままで、赤ちゃんをスムーズに出産することが難しくなります。

もちろん自然分娩をおこなった時の方が骨盤の開きは大きくなってしまうのですが、 帝王切開だとしてもこのホルモンの影響によって骨盤はゆるく開いた状態になっているのです。

帝王切開によってお腹の筋肉が緊張してしまう

またもう一点、帝王切開と骨盤の関係について知っておいた方が良いことがあります。それは帝王切開によってお腹の筋肉が傷ついてしまうということです。

帝王切開はお腹を開くことによって赤ちゃんを出産する方法です。子宮までたどり着かなければいけないので、そこの手前にある組織は全て切らなければいけません。お腹の筋肉も例外ではなく、帝王切開の手術によって切断されてしまいます。赤ちゃんを取り出した後、筋肉もしっかり縫合され元に戻すのですが、 実際には怪我をしたのと同じような状態になっています。

そのため通常の筋肉よりも緊張してしまい、骨盤を歪ませる原因になったり、痛みがでてしまったりする可能性もあります。

産後の骨盤の痛みは「歪み」によって引き起こされる

帝王切開で出産した場合にはほとんどの方が2つの痛みを感じるといいます。感じる痛みは以下のようなものです。

  • 後陣痛
  • 帝王切開の傷口の痛み

後陣痛は子宮が元に戻るための痛みです。帝王切開の傷口も麻酔が切れてしまうと痛みを感じることがほとんどです。どちらに関しても長く続くことはあまりなく、2日から5日程度で痛みが治るといわれています。

しかし、2週間を過ぎても骨盤の痛みが和らがなかったり、途中から骨盤が痛くなってしまったりすることがあります。その場合には別の原因の可能性があります。その一つとして考えられるのが骨盤の歪みからくるものです。

帝王切開でも骨盤は歪む

前述したように帝王切開で赤ちゃんを出産したとしても骨盤はゆるい状態になっています。また、傷ついてしまったお腹の筋肉などの影響によって骨盤が歪んでしまうことがあるのです。

骨盤が歪んでしまうと、周りの筋肉は余計に硬くなってしまいそれによって痛みが引き起こされてしまうということがあります。帝王切開だとしても骨盤に痛みが出る可能性は十分にあります。

帝王切開の手術をした後の正しい過ごし方

帝王切開をした後は7日程入院をした後に自宅に帰ることになります。自然分娩の場合は5日程度の入院ですむことを考えると、帝王切開も体に大きく負担がかかるということです。

帝王切開の後の正しい過ごし方について解説していきます。

骨盤ベルトは産後一か月程度おこなわない方が良い

帝王切開をおこなった後でも骨盤が開いている状態になっています。とはいえ、骨盤のベルトは控えた方が良いです。 傷口がまだ治りきらない頃に腹部などを圧迫してしまうと悪影響が及んでしまう可能性があるからです。

それでも骨盤ベルトをしたいというご希望がある場合はかかりつけ医に相談してみましょう。 どれくらいの強さで締めたらいいか、どれぐらいの時間なら着用していいかなとの具体的なアドバイスがもらえます。

バランスの良い食事を心がける

帝王切開によって傷ついた傷口を治すためにはしっかりとした栄養をとらなければいけません。卵・魚・肉など、たんぱく質がしっかり入った食事を中心にしていきましょう。

甘いお菓子などを食べたくなることもあると思いますが、あまり量を多く食べることはおすすめしません。傷口を治すための栄養素はあまり含まれていないため、お菓子でお腹をいっぱいしてしまうのはとてももったいないことです。

医師の指示に従った正しい傷口のケアをする

また、傷口自体のケアも重要です。医師から自宅でできる傷口のケアを教わることになると思います。決して自己流でおこなわず医師の指示のもと正しい傷口のケアを心がけましょう。

帝王切開によってできた手術の後は1年ほど経過すれば綺麗になることが多いです。しかし、これもしっかりと正しいケアをしているということが条件になってきます。

まとめ

帝王切開で出産をおこなったとしても骨盤の歪みが起こるケースがほとんどです。原因としてはホルモンによって骨盤が柔らかくなること、手術によって筋肉が傷ついてしまったことが考えられます。

骨盤の歪みを放置してしまうと、 周りの筋肉が硬くなってしまい痛みに繋がってしまうケースもあります。痛みが起こってしまうと育児に影響が出てしまうこともありますので早めに対処することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。