産後の骨盤ケアをしなかった場合の3つの悪影響

産後ケアをしない 3つの悪影響

産後の骨盤ケアは出産後のスタイルを保つためだけにおこなうと思っていませんか?実は産後の骨盤ケアをしないと姿勢の変化だけでなく、痛みや婦人科系のトラブルになってしまう可能性があります。

この記事を読むことにより産後の骨盤ケアの重要性がわかり、様々な体のトラブルを避けることにもつながります。

産後の骨盤ケアはなぜ必要か?

産後の骨盤ケアはなぜ必要なのでしょうか?それには大きくわけて3つあります。

  1. 腰痛予防
  2. 姿勢の歪み防止
  3. 女性特有のトラブル防止

これら体のトラブルを防ぐために産後の骨盤ケアを行います。

特に初産ではなく、2人目以降の出産の場合は骨盤が歪みやすい状態になっているので注意が必要です。出産の回数が多いほど骨盤は元の正常な状態に戻りづらく、回復のスピードも遅くなっています。

骨盤ケアの重要性を知ることは将来の自分の健康を考えるうえでも非常に重要です。ここからは骨盤ケアをしないことによっておこりうる3つの悪影響を紹介していきます。

①腰痛がひどくなりやすい

骨盤を緩ませるホルモンの影響でお子さんを出産するときに骨盤は大きく開きます。骨盤が開きやすい状態は出産後もしばらく継続し、産後約6か月ぐらいまで不安定な状態だといわれています。

お子さんを出産したママはその骨盤が不安定な状態で育児がはじまります。お子さんが泣いてしまえば抱っこもしますし、ミルクもあげなくてはいけません。掃除や洗濯、その他の家事もやらなければいけない状況だってあります。毎日の育児で感じるストレスは骨盤にも大きくかかっているのです。

骨盤がストレスを受けてしまうと、歪みが生じ、筋肉が硬くなってしまったり、腰に負担がかかりやすくなったりします。腰への負担が積み重なってくると最終的には腰のトラブルにつながってしまい、なにをするにも痛みを抱えながら動くようになってしまうこともあります。

②姿勢が歪み、見た目年齢も下がってしまう

産後すぐに足を組んだり、横座りをしてしまうと骨盤は歪みやすい状態になってしまいます。そして、骨盤が歪んでしまうと、背骨にも影響を与えてしまいます。授乳やスマホをいじる姿勢では骨盤は後傾しやすく、それが原因で猫背になってしまう可能性もあるのです。

ある調査では猫背の方は5歳以上も見た目年齢があがってしまうデータもあります。骨盤の歪みから、猫背につながり、老けた印象にならないためにも骨盤ケアは重要です。

③女性特有の体のトラブルになってしまうことも

骨盤が歪むことによる不具合は腰や姿勢だけではありません。女性特有のトラブルにも発展する可能性があります。

骨盤の下についている筋肉のことを骨盤底筋といいます。妊娠中の子宮や内臓を支える大切な筋肉です。産後の骨盤が不調だとこの骨盤底筋が緩み切ってしまい、うまく内臓を支えることができなくなってしまいます。

その結果、ぽっこりお腹になってしまったり、冷え性や代謝の低下、尿漏れなどの症状がでてしまったりすることもあります。骨盤は体の軸になる部分ですので、そこが不安定になってしまうと様々なところにトラブルが発生してしまいます。

まとめ

骨盤ケアは、出産後に快適な状態で過ごすために非常に大切です。産後の骨盤ケアを行うことによって次のようなことにつながる可能性があります。

  • 腰のトラブルを未然に防ぐことができる
  • 姿勢もキレイな状態に保ちやすく、若々しくなる
  • 女性特有の体の不調をケアすることができる
  • ぽっこりお腹に悩まなくなる

是非、参考にしてください。

コメントは受け付けていません。