産後にやってはいけないの姿勢と対策法

赤ちゃんを抱っこする女性

赤ちゃんを出産した後も体のバランスが崩れないように気をつけていきたいですよね。「やってはいけない姿勢があるのならなるべく避けていきたい」と感じていることと思います。

芸能人やモデルなどが産後も綺麗な姿勢を維持しているのは「やってはいけない姿勢」についてしっかりと把握しているからです。実は骨盤のケアと同じぐらい「やってはいけない姿勢」を避けることはキレイな姿勢を保つことにおいて効果が大きいのです。

本記事を読むことによって、産後でも体のラインや骨盤の状態を綺麗に保つことが可能になります。産後にやってはいけない2つの姿勢とその対策方法について解説していきます。

産後の骨盤がゆがみやすい理由

良い姿勢の女性

産後の骨盤はリラキシンというホルモンによって関節がゆるくなっているため、ゆがみやすくなっています。このリラキシンというホルモンは妊娠中から分泌され、ママの体を少しずつ出産に対応できる体にしていきます。リラキシンが分泌されることによって骨盤が徐々に開きやすくなり、 赤ちゃんも過ごしやすい環境に整っていきます。

例えば、リラキシンが分泌されず骨盤が開かない状態だったら、おなかの中で大きくなる赤ちゃんはとても居心地が悪くなってしまいます。リラキシンは出産にとってとても重要な役割を果たしているのです。

ゆがみやすい姿勢をとるとどうなるの?

猫背を診られている女性

産後にゆがみやすい姿勢を取ってしまうと、骨盤のバランスが崩れてよしまうばかりか、身体全体のスタイルも悪くなってしまうことがあります。 先ほど説明したリラキシンというホルモンによって、骨盤周りがとてもゆるくなっているためです。

研究結果でも産後1ヶ月ほどは特に骨盤をしっかりと守る必要があるといわれています。ゆがみやすい姿勢というのは猫背や横向きの姿勢などのことです。ゆがみやすい姿勢について詳しくみていきましょう。

参考文献「妊産褥婦における骨盤支持の目的と方法 および効用に関する文献検討

ゆがみやすい姿勢その1【横向きで寝る】

横向きで寝ている外人の女性

産後、横向きの姿勢で寝ることは骨盤をゆがませてしまう一つの原因になります。そのため、長時間横向きの姿勢で寝ることは避けた方が良いでしょう。

産後の骨盤は前や後ろからの力にはある程度耐えられますが、横からの力には弱いという特徴があります。これは骨盤にある関節の位置と関係あるものです。

例えば仰向けやうつ伏せの姿勢は骨盤にとっては理想的な寝方です。 しかし、横向きの姿勢は横からの力が持続的にかかってしまうためあまりおすすめできません。

参考文献「産後の寝方が重要な理由とは?寝方のおすすめやNG、睡眠の質を上げる方法もご紹介!

ゆがみやすい姿勢その2【猫背】

パソコンに向かっている猫背の女性

猫背の状態で長時間座ってしまうのも骨盤や姿勢がゆがみやすい原因になります。 授乳の時や育児の時などは猫背になってしまうことも多くあると思います。すべての時間気をつけることは難しいですが、気が付いた時に猫背にならないように意識することが大切です。

猫背の状態で座ってしまうと、骨盤が後傾してしまうことがよくあります。 骨盤がアンバランスな状態で長い時間を過ごしてしまうと体がそのクセを覚えてしまうのです。

特に授乳中や食事中などが猫背になりやすいでしょう。そのような時に少し注意を払いながら姿勢を正していくことをおすすめします。

参考文献「産科医が解説!産前産後の尾てい骨痛に最も大事なひとつの方法

姿勢がゆがまないようにするにはどうしたら良いのか?

おすすめの対策法

姿勢がゆがまないようにするには普段からの姿勢に注意する必要があります。特に産後一か月まではゆがみやすい傾向にありますので注意が必要です。また、 骨盤ベルトなどを使ってサポートをすることも有効な手段の一つです。

参考文献「妊産褥婦における骨盤支持の目的と方法 および効用に関する文献検討

出産をすると骨盤がゆるんだ状態になるため、周りの筋肉だけではうまく支えることができなくなります。そのため、出産をする前よりも姿勢に気をつけたり、骨盤ベルトを使ったり体がアンバランスにならないように注意する必要があります。

寝る時の姿勢は仰向けやうつ伏せが良いでしょう。 座っている時はなるべく背骨をまっすぐにして猫背にならないように気をつけます。そのようなほんの少しの意識だけで、数ヶ月後のスタイルの良さを手に入れることができるのです。

まとめ

笑顔の女の子

産後にやってはいけない姿勢について解説しました。猫背の姿勢や寝る時の横向きの姿勢は骨盤をゆがませてしまう原因になりやすいため、なるべく避けるように心がけましょう。

特に産後1ヶ月はリラキシンの影響によって骨盤がゆるくなります。周りの筋肉や靭帯ではうまく骨盤を支えきれない状態になっているのです骨盤ベルトや姿勢に気をつけながら産後の体がアンバランスにならないように注意していきましょう。

コメントは受け付けていません。