ダイエットで間食はOK?食べても良いもの・悪いものを徹底解説します

サラダ

「ダイエット中に間食はしていいの?」「ダイエット中でもたべられるものを知りたい」

ダイエットを経験している方なら一度はこのような疑問が思う浮かびますよね。結論から言うと、ダイエット中の間食は控えたほうが良いでしょう。

しかし、実は食べ物の中にも体重への影響が少なく間食してもOKなもの存在します。この記事では、

  • ダイエット中に食べても悪いもの・良いもの

を紹介します。ダイエット中の間食について詳しく知りたい方はぜひ、ご覧ください。

ダイエット中の間食はOK?食べて良いもの・悪いもの

食事風景

ダイエット中の間食は基本的にしてはいけません。なぜなら、食事以外の食べ物をとることによって摂取カロリーが大きくなってしまい、肥満につながるからです。

実際にダイエットの指導をしていると間食している方と間食していない方とでは体重の落ち方が異なります。そのため、ダイエット中に間食は控えたほうが良いと言えるでしょう。

しかし、その中でも特に食べてはいけないもの・これから食べても影響が少ないものも知りたいですよね。

ここからはダイエット中の間食のNG・OKな食べ物をご紹介します。

ダイエット中に食べちゃいけないもの

肉うどん

間食で食べてはいけないものとして代表的なものは以下のようなものです。

  • ケーキなどの洋菓子
  • お饅頭などの和菓子
  • カップラーメン
  • パン類
  • スナック菓子
  • 麺類
  • 揚げ物
  • カカオがあまり入っていないチョコレート
  • ジュース類
  • マーガリン
  • ショートニング
  • ソーセージなどの加工食品
  • じゃがいもなど糖質の多い野菜

間食で食べてはいけないものとして高カロリーのケーキやお饅頭が有名です。。もちろん、カップラーメンや菓子パンも一食分と変わらないカロリーをとってしまうためNG。

また、スナック菓子やチョコレート菓子も避けましょう。

これらの食品には栄養素がほとんどなく、効率的なエネルギーを摂取することができません。そのため、すぐにお腹がすいてしまい悪循環になります。

上記の食べ物に含まれる糖質は依存性が高いため、一度食べると更に食べたくなってしまうことに。

すべてを食べないようにすることは難しいかもしれませんが、食品の特性や栄養素を確認してから口に入れましょう。本当に自分に必要なものを選別することが大切です。

ダイエット中に食べても良いもの

ステーキ

間食で食べて良いものとして代表的なものは以下のようなものです。

  • 豆腐や豆乳などの大豆食品
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • ナッツ類
  • グラスフェッドのバター
  • ココナッツオイル
  • はちみつ
  • きのこ類
  • 糖質の少ない野菜

上記にあげた食べ物が間食OKなもの。これらの食べ物に共通していることは糖質が比較的低いという点です。

ダイエット中は糖質を抜く代わりにタンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素を豊富に摂取することが重要。特に肉、魚、卵といった食べ物は体を構成するタンパク質を多く含む食べ物です。

これらの食べ物は糖質よりもはるかに太りづらく、ダイエット中にもおすすめ。

「肉を食べたら体重が・・・」と心配する必要はありません。実際に「肉食ダイエット」というものもあるぐらいなので安心して食べてください。

まとめ

イラストが書いてある食器

ダイエット中の間食は基本的にしてはいけませんが、内容をしっかりと考えることで影響を少なく抑えられます。その結果、食欲を我慢しなければいけないストレスを軽減することが期待できます。

簡単に口にできる物は手間はかかりませんが、脂肪を蓄積させる原因になることが多くダイエットに向かない食品です。

しかし、栄養素を考え手間をかけて食べる間食は、簡単ではないが満足できるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。