整骨院と整体の違いとは?抱えている症状によって使い分けが必要

整骨院と整体の違いがよく分からないため、どちらに行けばよいのか困ってしまうことはありませんか?

そのような場合は抱えている症状によって使い分け、インターネットなどで検索してみると整骨院と整体の違いを知ることができます。

この記事では、選択に困る整骨院と整体の違いを解説しています。具体的には下記の内容が解説されています。

  • 整骨院と整体って何が違うの?スタッフが保有する資格が異なる
  • 整体では保険が使えない?基本的に全て自費での施術になる

ぜひ、お読みください。

整骨院と整体って何が違うの?スタッフが保有する資格が異なる

問診を受ける女性

整骨院と整体ではスタッフの保有する資格が違います。

整骨院のスタッフは国家資格保有者が施術をおこなっていますが、整体は民間資格のスタッフが施術するのが一般的です。

また、整骨院は柔道整復師という国家資格を保有しているスタッフが施術をおこなっているので医療保険の取り扱いが可能。

一方、整体は民間資格のため医療保険を取り扱う施術をおこなうことはできません。これが、整骨院と整体の大きな違いです。

整骨院とは?保険を利用して施術を受けることができる

整骨院は国家資格保有者が開院、スタッフも国家資格保有者のため医療保険を利用して施術が受けられます。

保険が適用できる症状は骨折や捻挫、脱臼、打撲、挫傷などの急性に外傷に対してです。そのため、これらの怪我や症状がある場合は整骨院での施術がおすすめ。

日常的な肩のこりや腰、膝の痛みなどの症状には保険は適用されないので注意しましょう。

整体院とは?未資格の店舗が多く、注意が必要

足のストレッチを受ける女性

整体院は国家資格を保有していない未資格の店舗が多いため注意が必要です。

実は整体院のは明確な規制がなく、誰でも整体師として開業することができます。民間の資格でも、無資格でもお店を持つことが可能。

そのため整体院の店舗選びの際には慎重にならなくてはいけません。

整体院では骨盤矯正や筋肉のこりなどの体全体のバランスを整える施術を受けることができるます。肩のこりや腰、膝などの痛みの緩和や再発防止には非常におすすめ。

整体では保険が使えない?基本的に全額負担での施術になる

整体では保険が使えないため施術料は基本的に自費になります。

整体院のスタッフは国家資格保有者ではないため保険が使えません。最近では整体院でも国家資格を保有する方が増えてきましたが、その場合でも保険が適用不可。

国家資格者だから保険が適用になるわけではなく、整骨院だから保険が適用されるのです。

整骨院と整体の違いについてのまとめ

整骨院と整体の違いは保有する資格にあります。整骨院は国家資格、整体院は民間資格を保有していることは一般的です。整骨院と整体を選ぶ時は自分の痛みや症状に合わせてどこに行くかを選択しましょう。

捻挫や打撲などの怪我を対処したい場合は整骨院に行くと保険が適用されます。しかし、慢性疾患である肩こりや腰痛は保険適用になりません。

肩こりや腰痛は整骨院でも整体院でも完全自費。どのような症状に保険が適用されるのかもしっかりと把握して、店舗を選んでいきましょう。

コメントは受け付けていません。