水2Lでダイエットできるって本当?水ダイエットで体調を崩しやすい理由を解説

水を飲む女性

「水2リットルでダイエットできるって聞いたけど本当?」「水だけでダイエットできるなら簡単だからやりたい」

数あるダイエット方法の中でも簡単に行えるのが水ダイエット。食事を水に置き換えることによって、カロリー制限ができ、簡単に体重が落ちるというものです。

しかし結論から言うと水ダイエットは体調を崩しやすく積極的にお勧めはできません。水だけでは栄養を摂取することは難しく、健康を維持することは困難だからです。

本記事では、

  • 水ダイエットが体調を崩しやすい理由
  • おすすめのダイエット方法

について解説していきます。是非ご覧ください。

水ダイエットが体調を崩しやすい理由

水道水

水ダイエットは食事の代わりに水を多く摂取するというダイエット方法です。摂取カロリーが落ち、ダイエットにもなるということで若い女性の間で話題になったこともありました。

しかし、水ダイエットは体調を崩しやすく、結果的に多くの面でマイナスの影響を受けてしまうのも特徴です。

水ダイエットが体調を崩しやすい理由は以下の三つです。

  • 食事を水に置き換えることで必要な栄養素が足りなくなる
  • 水の飲み過ぎで頭痛などが起こる場合がある
  • そもそも水ダイエットに根拠がない

ひとつずつ解説していきます。

食事を水に置き換えることで必要な栄養素が足りなくなる

3食のうちどれかを水に置き換えるという水ダイエット。確かにカロリーや脂肪のもとになる栄養素はカットできますが、健康維持に必要な栄養素も極端に足りなくなってしまうケースも非常に多いです。

人が健康を保つために最も必要な栄養素はタンパク質。1日に体重の1/1000程度のたんぱく質が必要と言われ、40kgの女性なら1日で40gのタンパク質摂取が推奨されています。

牛肉を100g食べると摂取できるタンパク質はおよそ15g程度。三食きっちりお肉を食べたとしても一日に必要なたんぱく質の量を摂取することは非常に難しいと言われています。

そのため水ダイエットで極端に肉などのたんぱく質をカットしてしまうと、免疫力が低下したり、筋肉量も減少、神経の働きや疲労を回復する力までもが落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため水ダイエットを極端にやりすぎることによって健康を損ねてしまうのです。

水の飲み過ぎで頭痛などが起こる場合がある

水を触る女性

水ダイエットのデメリットの一つに水の飲み過ぎによる体調不良というものがあります。水にはナトリウムが含まれているため、多く飲みすぎることによって体の中の電解質のバランスが崩れてしまうのです。

それによって頭痛などが発生しやすくなることもあります。水は生きるために必要なものですが、過剰に摂取することによってマイナスの影響も与えてしまいかねません。

そもそも水ダイエットに根拠がない

そもそも水ダイエットは根拠が乏しいのが現状です。ネット上に公開されているサイトを見ると「代謝が上がる」「体の内側からキレイになる」「肌もつやつやになる」などの情報を発見することができます。

しかし実際には、根拠のあるデータも存在せず都市伝説的に語られているだけです。

また先ほど説明したように水ダイエットによる栄養不足の問題もあり、全ての人にとって万能なダイエット法とは言えないでしょう。

おすすめのダイエット方法

体重計に乗る女性

水ダイエット以外でおすすめのダイエット方法はいくつかあります。その中で体重も落ち、なおかつ健康にもなりやすいダイエット方法は糖質制限ダイエットです。

1日を通して糖質を食べる量を制限することによって体重が低下し、不調も改善しやすいと言われています。

糖質制限ダイエットについては以下のブログで詳しく書いていますので興味のある方はご覧ください。

まとめ

水ダイエットは極端に行い過ぎると健康を害す危険性もあるリスクの高いダイエット法です。確かに体重は陥るケースもありますが、同時に栄養不足に陥ってしまうこともありしっかりと注意をしながら行う必要があります。

体重が低下しても、体調を崩してしまっては元も子もないのね十分に知識をした上でダイエットを行っていきましょう。

コメントは受け付けていません。