ロキソニンが効かない坐骨神経痛はどう対処する?

「坐骨神経痛の痛みが我慢できない」

「ロキソニンを服用したが効かない」

もし坐骨神経痛による痺れが、ロキソニンなどを服用しても効かない場合には注意が必要となる場合があります。

本記事では、

・坐骨神経痛でロキソニンを服用しても効果がない場合の対処法
・手術が必要になる坐骨神経痛

について丁寧に分かりやすく解説していきます。

坐骨神経痛でロキソニンを服用しても効果がない場合の対処法

もし坐骨神経痛の痛みに我慢できずロキソニンを服用したけど症状が全く改善しない場合は
ただちに医療機関を受診して下さい。実はロキソニンは市販薬の中でもかなり強い鎮痛薬です。

その成分の作用を持ってしても症状が改善しないということは、何か異常な事態が起きてしまっていると考えるべきです。

ただ単に、筋緊張が悪化し坐骨神経痛が強くなっているだけかもしれません。
しかし、椎間板ヘルニアが進行・悪化しているケースや腰椎すべり症になってしまっているケースも十分に考えられます。

また、稀なケースですが、腫瘍が出来てしまうことで坐骨神経痛を引き起こしている場合もあります。

もし痛みが酷く身体を動かすことも困難な場合は「これくらいで救急車を呼ぶには気が引ける」と思わずに119をしても良いでしょう。

もしも体を動かせない程痛みが悪化している場合、「こんな症状で救急車を呼ぶのは…」とは思わずに119番を行なっても良いでしょう。

または#7119の救急安心センター事業に連絡しても良いでしょう。

#7119の救急安心事業センターは「救急車を呼ぶべきか相談できる窓口」

救急車を呼ぶべきか、呼ばない方が良いかを迷った時には「#7119」利用しましょう。#7119の安心事業センターは、専門家が救急車を呼ぶべきかどうかの判断をしてくれます。

そのため、坐骨神経痛が我慢できないほどの痛みになってしまった場合は、救急安心センター事業に連絡してみるとう方法が良いでしょう。

手術適応となる坐骨神経痛は?適応条件を解説

坐骨神経痛の症状・状態によっては手術が必要となる場合があります。以下のような状態で手術適応となる場合が多いです。

・リハビリを続けても症状が改善しない
・下半身に麻痺が出現している

上記のような状態になると手術も視野に入ってきます。痛みや痺れなどの症状だけの場合は本人の意志が尊重されますが、排尿障害や下半身麻痺などの症状が出ている場合には手術を強く勧められることになるでしょう。

まとめ

坐骨神経痛でロキソニンを服用しても痛みた痺れが改善しない場合は救急車を呼ぶことも考えましょう。

もし、救急車を呼ぶことに抵抗がある場合は#7119に掛けてみましょう。
現在の症状を伝えることで専門家が救急車を呼ぶべきかどうかのアドバイスをしてくれます。

おすすめの記事