坐骨神経痛にリリカは有効?リリカの効果・効能について詳しく解説します

膝をおさえる女性

坐骨神経痛で病院を受診した際、症状の程度によってリリカという薬が処方されることがあります。

リリカは比較的多く処方される薬であり、坐骨神経痛によって起こる痛みの緩和を目的に服用しているケースも珍しくありません。

しかし、リリカという薬がどのような効果があるのか?また副作用は大丈夫なのか?と不安になりますよね。

そこで本記事では、病院から処方されるリリカの効果や副作用について詳しく解説していきます。

病院を受診も不安になっている方、リリカという薬について知りたい方はぜひご覧ください。

リリカとは?神経痛に有効な鎮痛薬

色とりどりの薬

リリカとは、神経が興奮することによって出現する痛みを緩和する作用があります。いわゆる鎮痛薬として分類されています。

神経に流れ込むミネラルの量を調整することによって、痛み信号の伝達を抑制し、腰痛を緩和できるのです。

リリカは坐骨神経痛だけでなく、幅広い痛みに有効と言われています。神経に関連する痛みなら効果を期待でき、強い痛みに苦しんでいる方にとっては非常に頼りになる薬です。

リリカは坐骨神経痛に有効?一般的な鎮痛薬よりも効果は高い

薬ケース

先述したように、リリカは神経に関連する痛みに対し幅広く有効です。もちろん坐骨神経痛にも効果が期待でき、辛い痛みを緩和できる可能性も。

そう言っても、通常の鎮痛薬ではなく、リリカという聞き慣れない薬を処方されると「大丈夫なの?」と思ってしまいますよね。

しかし、病院で一般的な鎮痛薬ではなくリリカが処方されるのには理由があります。実は坐骨神経痛によって起こる症状は一般的な鎮痛薬では効果が出づらいと言われています。

そのため、通常の鎮痛薬ではなくリリカという聞き慣れない薬が処方されるのです。リリカを服用することによって坐骨神経痛の症状が和らぎ、生活が楽になることもあるでしょう。

しかし、注意しなければいけないこともあります。それは後述する「副作用の問題」と「薬によって治癒することはない」という点です。

リリカはあくまでも症状を抑える鎮痛薬。そのため、症状が和らいだ=治ったという訳ではありません。リリカを飲みながらも、治すための対策をとることをおすすめします。

また、副作用の問題についても考慮する必要があります。リリカの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく解説していきます。

リリカの副作用

薬と人の模型

リリカを服用しても短期間なら副作用は起こりづらいと言われています。しかし、長期間に及ぶ服用では副作用が発生するリスクが高くなります

リリカによって起こる服用には以下のようなものがあります。

  • めまい
  • 眠気
  • 意識消失
  • 体重増加

特に高齢者が服用する場合、めまいや眠気によって転倒してしまうこともあるため注意が必要です。高齢者でなくても、上記のような症状はみられた際には服用をすぐに中止しましょう。

まとめ

リリカは坐骨神経痛の症状を緩和するのに有効な鎮痛薬です。しかし、長期間の服用によって副作用が出現するリスクがあります。

そのため、服用する際には副作用に十分注意し、慎重に飲むことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。