産後の骨盤ガードルは寝るときに着用すると逆効果!?正しいつけ方を解説します!

産後の骨盤ガードルは出産後にバランスを崩してしまった骨盤や体型を整えるために人気のアイテムです。骨盤ベルトと並んで多くの人が着用をしています。しかし、この骨盤ガードルはつけるタイミングを間違えてしまうと体に負担になり逆効果になってしまうことがあります。

特に気になるのが寝る時に着用しても大丈夫なの?という問題です。本記事では産後に使う骨盤ガードルの正しいつけ方について解説していきます。

産後の骨盤ガードルは何のためにつけるの?

そもそも産後の骨盤ガードルは何のために付けるのでしょうか?産後の骨盤ガードルには3つの目的があります。

  • 出産によって歪んでしまった骨盤を整えるため
  • 体型をいち早く元に戻すため
  • 骨盤を安定させ、産後の体調不良を予防するため

「トコちゃんベルト」などの骨盤ベルトは骨盤を整えるのに特化しています。しかし、骨盤ガードルは骨盤を整える+スタイルを元に戻してくれる役割があります。

産後の骨盤ガードルは商品によってその特徴が違ってくるため、どのような強みを持っているかを購入時に確認することをおすすめします。

また、上記にも書いたように産後の不快な症状を予防するのにも効果的なことがあります。骨盤の歪みが大きくなってしまうとぽっこりお腹や尿もれ、下半身太り、冷え性に繋がる可能性もあります。それら不快な症状を少しでも防ぐために産後の骨盤ガードルは役に立ちます。

産後の骨盤ガードルにはどんな種類があるの?

通常の骨盤ガードルと同じように、産後の骨盤ガードルにもショート丈とロング丈があります。それぞれにメリットとデメリットがあるため解説していきましょう。

ロング丈

ロング丈は胸の下から太ももまでが隠れるタイプのものです。産後の骨盤ガードルはロング丈の方がママに人気があります。その理由としてはロング丈の方が姿勢を元に戻すサポート力が強いからです。

メリット
お腹がすっかりと隠れるタイプのため、スタイルを整える力が大きいのがメリットです。 大きな面積で体全体を包んでくれます。その結果骨盤も安定しやすくなる可能性があります。
デメリット
体全体を包むため人によっては窮屈に感じてしまうことがあります。また、人によってはスカートやワンピースなどを履いた時に骨盤ガードルの裾が見えてしまえないか心配になってしまう方もいます。

ショート丈

ショート丈はロング丈に比べて短い範囲で体を包んでくれます。骨盤やお尻周りのサポートがメインになってきます。

メリット
ロング丈に比べて狭い範囲をサポートしてくれるので装着時の窮屈な感じは少ないです。洋服も選ばず、裾が見えるなどの心配もありません。
デメリット
デメリットとしては産後の体型を元に戻すサポート力はロング丈に比べて低くなってしまうことです。骨盤のサポートや姿勢を元に戻したいという強い希望がある場合はショート丈ではなくロング丈にすることをおすすめします。

産後の骨盤ガードルは寝る時に着用してもいいの?

結論からいうと産後の骨盤ガードルを寝る時に着用するのはあまりおすすめできません。なぜなら、体を長時間締め付けていると冷え性や内臓の調子の悪さに繋がってきてしまう可能性があるからです。

また、立っている時に比べ寝ているときは骨盤にかかる負担も少ないため産後の骨盤ガードルを着用する意味はあまりないと考えても良いでしょう。

人によっては寝ている時の方が骨盤が痛いという方もいるかもしれません。そのような理由で骨盤ガードルを寝ている時もつけたいという方はショート丈のものを選択するか、もしくは骨盤ベルトにするのが良いでしょう。

産後の骨盤ガードルの正しいつけ方

産後の骨盤ガードル装着する時には正しい付け方をするとより効果が高まることが多いです。下記にポイントをまとめましたのでご覧ください。

  • 産後すぐには装着せず2ヶ月目以降からスタートする
  • まずは補正力の弱いものから試してみる
  • 就寝時はなるべく外しておく

特に重要なのは産後すぐに装着しないという点です。産後すぐに装着してしまうと締め付けが強かった場合には体にとって負担になることが多いです。血流の巡りが悪くなってしまうことも考えられるため、体調が安定してくる産後2ヶ月目以降から装着すると良いでしょう。

また、いきなり補正力が強いものを試すのではなく、弱いものから試すと体の負担も少ないです。産後の骨盤ガードルは締め付けが強ければ効果があるというものではありません。自分の体に合った商品を選択するのがおすすめです。

まとめ

産後の骨盤ガードルは骨盤のケアやスタイルを元に戻すサポートをしてくれる便利な商品です。産後すぐに装着するのではなく、2ヶ月目以降の体調が安定する時期から使うようにしましょう。

しかし24時間つけていることは体にとって大きな負担になってしまうので、 就寝時などは外しておくようすると良いでしょう。

産後の骨盤ガードルにはロング丈とショート丈があるため、着る洋服などのことも総合的に考えながら商品を選んでいくとより満足する結果となるでしょう。

コメントは受け付けていません。