坐骨神経痛の検査方法・費用についてのまとめ【5分でわかる】

カルテに記入する女医

坐骨神経痛の検査方法は疑われる原因によって異なります。筋肉や骨が原因でおこることが多いですが、なかには内臓の影響や婦人科系の疾患からきている場合もあるからです。

しかし、いきなり病院にいくよりも事前にどんな検査法があるのか、どのぐらい費用がかかるのかを知った方が安心しますよね。
本記事では、坐骨神経痛の検査方法とそれに伴う費用に関して解説していきます。

具体的には以下のことが解説されています。

・坐骨神経痛の検査方法
・坐骨神経痛の検査にかかる費用
・坐骨神経痛の検査がおこなえる診療科

本記事を見ることによって坐骨神経痛の検査におおまかなイメージがわかり、事前の計画をたてることができます。是非、ご覧ください。

坐骨神経痛の検査法にはどんなものがあるの?

女医に相談する男性

坐骨神経痛の検査方法は以下のようなものがあります。

  • SLRテスト
  • レントゲン
  • MRI
  • 脊椎造影検査

以上の4つの検査方法が代表的なものです。それぞれどのような検査方法なのかを簡単に解説していきます。

SLRテスト

女医

坐骨神経痛の原因になりうる腰椎椎間板ヘルニアを検査するためのテストです。仰向けに寝て、足をあげておこないます。坐骨神経痛のテストのなかでは最も簡易的なものとして有名です。

この検査が陽性になったとしても確定診断にはなりません。あくまでも簡易テストです。

レントゲン

レントゲンを真剣にみる医師

レントゲンは主に骨を検査するための検査方法です。しかし、坐骨神経痛では骨以外にも原因がある可能性があるため、レントゲンだけでは正確な診断は困難です。

筋肉や神経、椎間板は映らないためレントゲンでわかるのはほんの一部だけだということを知っておきましょう。

MRI

MRI検査

MRI専用の機器に30分程度はいり、精密な検査をおこなうためのものです。レントゲンなどではわからない、筋肉や骨、椎間板などの状態を知ることができます。

この検査をおこない坐骨神経痛の原因が確定されることが多いです。

脊椎造影検査

3Dで表された血管

背骨の中でどの程度神経が圧迫されているか、どこの場所に異常があるかを検査するためにおこないます。背骨の中に関してはMRIよりも正確に検査ができるため、治療方針を決めるのに優れているといわれています。

坐骨神経痛の検査にはいくらかかるの?

MRI検査機器

坐骨神経痛の検査費用をみていきましょう。検査費用は方法によって異なります。

【検査法】【費用】
SLRテスト簡易検査のため検査費用はかからない
レントゲン数百円程度
MRI数千円~13,000円程度
脊椎造影検査数千円~13,000円程度

表に記載した費用は3割負担の場合にかかる目安料金です。病院によって金額が異なる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。

坐骨神経痛の検査はどこでやればいいの?

手の平に病院のアイコン

坐骨神経痛の検査は整形外科でおこなうことができます。坐骨神経痛の原因で多いのは整形外科的な疾患がほとんどだからです。そのため、まずは整形外科にいくのをおすすめします。

どの検査方法絵を選択するかは整形外科医に判断で決まります。状況に応じて必要となる検査項目が違ってくるからです。

しかし、希望の検査がある場合は医師に相談するのも良いでしょう。その際には検査に伴うデメリットも確認しておくことをおすすめします。

まとめ

ハートを持つ女医

坐骨神経痛の検査には大きくわけて4つありました。どの検査方法を選択するかは、医師の判断に基づいておこなわれます。

また、検査費用は検査の内容や負担割合によって異なります。費用は事前にある程度わかる場合もあるため、詳細は病院に確認することをおすすめします。

参考文献

参考文献

Straight Leg Raising test(SLRテスト)の 定義の文献的検討

腰痛の専門医によるアドバイス|坐骨神経痛

KOMPAS|脊髄造影(ミエログラフィー)

コメントは受け付けていません。