あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

ギックリ腰の恐怖に悩まされているアナタへ

急性腰痛症(ギックリ腰)

 

 
⚠はじめに⚠
すでにギックリ腰になっている方は、腰をマッサージしてはいけません。
この記事をご覧の方が緊急を要する場合のために、はじめに対処法を記載しておきます

【対処法】

急性腰痛症(ギックリ腰)は、腰骨の周りが炎症を起こしている状態です。
なので、【暖める行為】【腰をマッサージ】をするのは更なる悪化を引き起こします。

氷で15分ほど痛い部分を冷やす

 火傷した時に患部を冷やす場合と同じで、ギックリ腰は炎症ですので冷やすことが最優先です。
ビニール袋を2枚重ねて中に氷を入れます。それを一番痛い部位の皮膚に直接あてて15分冷やしましょう

②腰をむやみに触らない・マッサージしない

 腰椎周囲の靭帯・筋肉が炎症を起こしているため、安静にする事が最優先です。
 当院では、そんな炎症の方も対応できる医学的知識や技術がありますので、“腰を触らずに”施術が出来ます。
 また、あなたのお身体に合わせた今後の対処法などもお伝えする事が出来ます。

③安静にするなら左向きの姿勢で

 仰向けやうつ伏せはNGです。腰骨に対して1番安静な姿勢は、“左向きで横になり膝の間にクッションを入れる”ことです。
 正直、右向きでも腰椎に対しては安静の姿勢なのですが問題は”内臓の位置”です。

上図のように、こちらから見て”胃の右側のたわみの部分が重要になります”
 このたわみの部分に食事をした消化物が溜まります。なので、右向きで寝てしまうと胃の出口に消化物が溜まり消化が不十分となってしまいます。このように当院では、解剖学的な側面からの施術やアドバイスをさせて頂きます。

Q.ぎっくり腰って治るの?

よく患者様から「いつ頃この腰の痛みはよくなりますか?」と聞かれます。

大半のぎっくり腰の症状は痛みがでてから人間の「自然治癒能力」により1週間以内に痛みが引いてきます。

ただしこれはぎっくり腰に対して正しい操作(冷却・正しい安静の仕方等)をした場合です。間違った対処法が世間一般では横行していますのでしっかりとした対処をおねがいします。

 

急性腰痛症とは

 「腰椎の捻転(ねじる動作)や前屈など動かした際に起こる急性の特異的腰痛・周囲の筋肉や靱帯の損傷によるものとされる。腰痛の中でも発症から4週間以内のものを指す。」
定義ではこのようになっていますが、腰痛持ちの方はこんな経験ありませんか??
「重い物を持った瞬間。中腰になった瞬間に痛みが走った」
 「朝、目が覚めてベッドから起きた瞬間痛みが走った」
このように突然起こったように感じますが、実は過度な負担が腰に長く続いていた状態が最後の一押しで急激な痛みとして現われただけなのです。
しかし、ギックリ腰を起こさない方もいます。その違いは何なのか?
では、
【ギックリ腰を起こす人】の本当の理由を教えます。

原因

なんらかの理由により、

腹筋が弱くなった・反り腰の姿勢が強い方・股関節が硬い方

がギックリ腰になりやすい傾向にあります。
 
次に特徴をお伝えしていきます。

①大腰筋の硬さ


腰椎は1番目から5番までありますが、大腰筋は1~4番に付いています。そこから骨盤を通って大腿骨(太ももの骨)の小転子(裏側にある突起)に付きます。
しかし、この大腰筋が短縮(硬く短く)すると

上図のように、腰椎を過度に前方に引っ張ってしまいます。 
この状態が続くと
・上下の背骨同士の圧迫
・前方に引っ張られる事による筋・靭帯などの組織のストレス
・椎間関節の捻挫
など、腰椎に深刻なダメージが蓄積されます。
 

②ギックリ腰になりやすい代表的な姿勢


上図は、大腰筋が硬い人・腹筋が弱い方(特に産後のママさん)に多い姿勢です。
腰痛がある方は、腰椎が前方に反り過ぎている姿勢が多いです。
そのため、ベッドで上向きになった時に腰の部分は反っているため宙に浮いている状態になります。
浮いている状態は、無意識に脳はバランスをとろうとして持続的に力が入ってしまいます。
そうする事で【7~8時間の持続的なストレスが腰に加わった状態で、いきなりベッドから起きたときに急激な痛みに襲われるのです】
 

⚠大腰筋の硬さチェック❗️

①ベッドの端に両足が出るぐらいの位置で仰向けになります
②両足を抱え、片足だけを脱力して伸ばします
足を降ろした方が、股関節が曲がったまま宙に浮いている・膝が曲がったまま・足が外を向く

これに当てはまった方は、ギックリ腰予備軍です!早急な治療をおすすめします。

Q&A

 

Q.1週間経っても「痛みが変わらない」「痛みが余計にひどくなった」場合

一般的に炎症が引いていく期間を過ぎても腰の痛みが変わらなかったり余計にひどくなっていたりするのなら
「自然治癒能力」が何らかの原因で働いていないということになります。
原因としては、
・腰に負担をかけている根本原因が治っていない
・重い物をほぼ毎日持つ仕事をした後にケアをしていない
・以前から寝不足・暴飲暴食・ストレスがある
などが挙げられます。
症状は悪化する前にすぐ治療をされることをオススメします。
 

Q.ギックリ腰はクセになる?

「ぎっくり腰は一回やると癖になる」とよく聞きますよね。
厳密にいうと癖になるというよりは「しっかり症状が治りきっていないからまたなってしまう」が正しいです。
これは痛みを感じるのが浅層の筋肉
根本的な症状を作っているのが深層の筋肉
通常の治療では浅層の筋肉の治療で表面の痛みを和らげるだけで根本原因の深層の筋肉まで施術アプローチが出来ていないため起こってしまうのです。
 

Q.しっかり改善するには?

 
1週間以上腰の症状が変わらない、または余計にひどくなっている方。
以前ぎっくり腰をしたことがあってなんとなくモヤモヤと変に痛い感じが抜けない方は腰の根本改善が必要です。
早急に症状を改善したい方はまず、あさば整骨院の「姿勢ゆがみ矯正」を受けてみて下さい!
しっかり深層の筋肉を改善して体を正しい位置に整え、ギックリ腰に悩まない身体に変えていきましょう!
 

👇今月のご予約は残り5枠となりましたので、悩まれている方はコチラのLINEからご連絡ください👇

「ブログを見ました」と伝えて頂ければ、初回半額クーポンが付いてきます!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。