交通事故で整骨院には通える?通院時の注意と正しくかかるポイントまとめ

交通事故に遭った時、整骨院には通院できるのかと疑問に思う方は多くいます。

また、どのタイミングで整骨院に行けばいいのか、また、受診の費用はどうなるのかという疑問に思っている方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、もちろん整骨院へ通院は可能。保険も適用されるため、費用の面でも心配なく通院することができます。

具体的には以下のようなことが解説されています。

  • 事故に遭った時の医療機関への通院の順番
  • その順番がなぜ必要なのか
  • 整骨院へ通院する時の注意点
  • 治療費の請求について

ぜひ参考にしてください。

交通事故の怪我は整骨院で施術できる?整骨院でも問題なく可能

接骨院で骨盤矯正を受ける女性

交通事故の怪我は整骨院で問題なく施術できます。実際に交通事故の怪我で整骨院を通院する方は多く、珍しいことではありません。

ただ、整骨院に通うにはいくつかの注意点があります。それは以下のようなものです。

  • 整骨院行く前に必ず整形外科に行く
  • 整骨院で施術をしていても、整形外科に月1回は受診する

詳しく解説していきます。

整骨院に行く前に必ず整形外科を受診しよう

交通事故に遭ったらまず、整形外科での診察、検査を受けることをおすすめします。

整骨院ではレントゲンのような画像診断ができず、隠れた怪我を見つけることができません。そのため、場合によってはケガの状態が一見大したことは無さそうに見えても「実は骨折していた」とか「脳を損傷していた」という状態を見落としてしまうことも。

また、病院へ行くのが遅くなると、交通事故による怪我だというのが説明できなくなる場合もあります。交通事故との因果関係が説明できなくなると、慰謝料が請求できないケースもあり大きな問題に。

交通事故で受傷してしまった場合には必ず、整形外科に行きましょう。

整骨院と整形外科の併用はできる?月に一度は整形外科に行った方が良い

整骨院と整形外科の併用は可能です。

交通事故で怪我をしてしまった人で整骨院と整形外科の併用をしている方はとても多くいます。整形外科は定期的な検査、整骨院は日々の施術といった使い分けをするのがおすすめ。

中には整骨院の施術だけで、整形外科に検査を行かない方もいるようです。しかし、この方法はおすすめできません。

その理由は傷が完治せずに後遺症が残った場合に慰謝料を受け取る手続きが必要であり、それができるのは病院の医師だけだからです。

定期的に整形外科で検査を受けないと、交通事故との因果関係が不明確になってしまい慰謝料や後遺認定(後遺症の認定)の際にトラブルのもとになります。

月に一度は整形外科へ行くようにしましょう。

交通事故の施術の費用はいくら?基本的にお金はかからない

整骨院での施術の費用は自賠責保険が適応されるので原則無料です。

被害者になってしまった場合は相手方の保険会社が治療費を肩代わりしてくれます。加害者になってしまった場合でも、自分が加入している保険会社が同じ治療費の支払いを代行。

どちらの立場でも安心して交通事故で発生した怪我を治療することが可能です。

余談ですが、被害者の立場なら、整骨院へ通院を始める前に加害者の保険会社に連絡をするようにしましょう。その際には「病院の医師に通院許可をもらっている」と伝えると、治療費、慰謝料請求の際にトラブルに合いづらくなります。

交通費も請求可能?怪我を治すための費用として請求できる

通院にかかった交通費も請求できます。公共交通機関、タクシー、有料駐車場、ガソリン代等の領収書を忘れずに保管しましょう。

毎日通院する場合は、大きな金額になる場合も。ちなみに領収書は紙ではなく、スマホで写真をとって保管してもOK。

他に請求できるものは?付添い費用や休業損害も請求可能

通院のため仕事を休み、収入が減った場合に休業損害を請求できます。

また、子供の場合や歩行が困難な方の場合に付添人が必要になるので、その費用として通院付き添い費を請求するこも可能。

まとめ

交通事故での治療の際に大切なことは、まず病院の医師に診察してもらうことです。

その後整骨院へ通院することになっても医師とのつながりは大切です。病院や整骨院と密に連絡を取り合って怪我の治療や損のない請求を心掛けましょう。

コメントは受け付けていません。