坐骨神経痛がつらい時の応急処置で適切な方法とは?

体調が悪く寝込む女性

坐骨神経痛の応急処置には5つの方法があります。

  • 温める
  • 湯船につかる
  • 痛み止め
  • ストレッチ
  • 筋肉をほぐす

これらの方法をおこなえば坐骨神経痛の症状が緩和される可能性もあります。

本記事では、坐骨神経痛の応急処置について詳しく解説していきます。

具体的には以下のことが解説されています。

  • 坐骨神経痛の5つの応急処置
  • それぞれの応急処置の注意点
  • おすすめの診療科

これを知ることによって坐骨神経痛の症状がつらいときに適切な対処ができるようになります。是非、ご覧ください。

坐骨神経痛におすすめの応急処置5選

体調が悪く助けを求める女性

坐骨神経痛におすすめの応急処置は以下の5つです。

  • 温める
  • 湯船につかる
  • 痛み止め
  • ストレッチ
  • 筋肉をほぐす

ひとつずつ解説していきます。

温める

ホッカイロ

坐骨神経痛の症状がつらいときには温めるのもおすすめの方法です。とくに、梨状筋症候群というお尻の筋肉が硬くなり、坐骨神経痛になっている場合におこなうのがよいでしょう。

なぜなら、筋肉を温めると、固い部分がほぐれやすくなり、神経の圧迫が緩和される可能性もあるからです。

ホッカイロなどを使えば場所を選ばずに温めることができます。他にも、湯たんぽやホットタオルなども良い方法です。

しかし、以下のような時には温めるのを避けましょう。

  • 温めると余計に症状が悪化する時

症状が悪化するようなら、体にとってマイナスの影響になってしまうので避けた方が無難です。

湯船につかる

タオルとバラ

湯船につかるのもおすすめの方法です。患部が温まるだけではなく、お湯の浮力によって筋肉が重力から解放されます。

それよって、一時的に筋肉の負担を少なくすることができるからです。

坐骨神経痛の症状に悩んでいる方は筋肉の柔軟性が保たれていない方が多いです。そのため、筋肉のケアや血行を良くすることは非常に大切なことです。

しかし、以下のような症状がでた場合には湯船に入って温めるのはやめましょう。

  • 症状が強すぎてしっかりと歩けない時
  • 体を温めると症状が余計に感じてしまうとき

また、注意点として湯船にはいったあとは体についている水分を引き取ることをおすすめします。なぜなら、水分がついていると逆に体が冷えてしまい、症状が悪化してしまうケースもあるからです。

痛み止め

痛み止め

坐骨神経痛の症状が強すぎるときは痛み止めを飲むのもやむ終えません。痛みやしびれを感じ続けてしまうと筋肉などが余計に硬くなってしまい、長期的にみてマイナスになるからです。

そのため、痛み止めを飲んで一旦症状を落ち着かせるのも一つの手段です。仕事や日常生活に大きな支障が出てしまう場合、痛み止め以外すぐに実行できる対処法がないときなどにおすすめです。

しかし、痛み止めに関しては以下のような注意点があります。

  • 症状が治るわけではない
  • 痛み止めを長期的に飲むと、胃腸などに悪影響がある

痛み止めは症状を抑えるだけなので、決して治るわけではありません。そのことを念頭に置いておきましょう。

ストレッチ

ヨガをおこなう女性

坐骨神経痛の応急処置のひとつにストレッチがあります。体を動かすことによって、筋肉や血行が良くなる症状が緩和するケースもあります。

坐骨神経痛の症状がひどい場合でも、長期間安静にしてしまうことはかえって、回復を遅らせることがわかっています。

しかし、ストレッチをおこないすぎても悪化の恐れがあります。そのため、できる範囲でおこなうようにしてください。

ストレッチの方法はこちらの記事に詳しく書いてあるので、ご覧ください。

腰痛完全ガイド!【千葉県流山市あさば整骨院】

筋肉をほぐす

ふくらはぎに触れる女性

自分で筋肉をほぐしたり、お店にいってほぐしたりするのも有効な手段です。セルフケアではできない細かな部分まで、ほぐしてもらうことができます。

そのため接骨院などに行き、ケアしてもらうのも良いでしょう。マッサージ店などにいくこともできますが、無資格者が多く、スタッフによって当たり外れがあるためあまりおすすめできません。

坐骨神経痛におすすめの診療科は?

坐骨神経痛を診てくれる診療科は整形外科です。整形外科は筋肉や骨、神経などを専門的に診察、治療してくれます。

検査機器などもそろっているため、心配な方は一度診てもらうことをおすすめします。

坐骨新規痛の検査や費用に関してはこちらの記事にまとめてありますのでご覧ください。

坐骨神経痛の検査方法・費用についてのまとめ【5分でわかる】

まとめ

問診を受ける女性

坐骨神経痛の応急処置を5つご紹介しました。それぞれに注意点があるため、よく確認してからおこなうようにしましょう。

また、坐骨神経痛の症状がひどくても安静にし過ぎないことをおすすめします。なぜなら、3日以上安静にすると余計に症状が長引いてしまうことがわかっているためです。

そのため、動ける範囲で構いませんので体を動かすのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。