あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

歩くとアキレス腱が痛くなるあなたへ。 2パターンの原因があります。

歩くとアキレス腱が痛くなる方を解決に導く記事です

朝起きて、歩き始めにアキレス腱が痛くなる。。。
長時間歩いているとアキレス腱が痛くなる。。。
ランニング後に歩くとアキレス腱が強烈に痛い。。。

 
こんな方いらっしゃいませんか?
今あげた症状に当てはまる方はこの記事を読んでいただければ、今の症状を解決できる可能性があります。
また、この記事はアキレス腱について書いていきます。アキレス腱は人体で最も大きい腱と言われています。
この腱を整える、正常に機能させておくことは日常生活でのあらゆるパフォーマンス、ないしスポーツパフォーマンスを向上させるには必要不可欠な事でもあります。
ぜひこの記事を読んでケアを実施して頂けると嬉しいです。
今までこちらのブログでいくつかアキレス腱についての記事を書いていますので見ていただけるとより理解が深まるかと思います!!
アキレス腱の痛みを体の専門家が解決します。
朝起きるとアキレス腱が痛い… とっておきの解決方法お伝えします。
アキレス腱が腫れるほど痛い… たった2分簡単ケア!
あなたのアキレス腱の痛みは”アキレス腱滑液包炎”かも⁈
理学療法士という国家資格を持ち、日々多くのアキレス腱に不調を持った方に治療する私がわかりやすく解説していきます。
 

こちらの記事を読んでいただくと、、、
✔なぜ歩くとアキレス腱が痛くなるのか
✔そして自分で解決する対処法を知ることができます。

 

本記事の内容
✔歩くとアキレス腱が痛い原因は2つあります。
✔歩いてアキレス腱が痛いときはスポーツしていいの?
✔歩いてアキレス腱が痛い場合はこのケアをしよう!
✔まとめ

 

✔歩くとアキレス腱が痛い原因は2つあります。


歩いてアキレス腱が痛い方の原因には2通りあります。
まず、アキレス腱は人体最大の腱であり、この腱が損傷すると膝、腰、股関節などの多くの不調へと発展しやすいと感じています。
加えて日常生活で最も使う動作は歩きと言われています。
この歩きでアキレス腱に不調をきたしていれば、多くの不調に発展する可能性が非常に高いです。
話に戻りますが、歩いてアキレス腱が痛くなるのは2通りのパターンがあります。

1つ目は足が柔らかくなっているパターンです!

このワードだけ聞くと「何それ?」と思うかもしれませんが、足が柔らかくなっているんです。(笑)
歩くという行為は地面に踵がついて、体重が足裏に乗る、そして爪先が地面から離れるまでを1つの流れとしています。

足が柔らかいと体重が爪先まで乗りにくくなります!
そのため爪先を離れるタイミングが遅くなります。つまり蹴り出すときに踵が中々上がらないという現象が起きてしまいます。
そうなるとアキレス腱は伸ばされてしまいます。

1つ目のパターンの方は足が柔らかいために、歩いている際アキレス腱が伸ばされて痛くなると言えます。
このような方はアキレス腱を伸ばした際や、しゃがんだ際に強く痛くなることが多いです。
 

2つ目のパターンの方は足が固いパターンの方です!

これまた「何それ?」という方もいらっしゃるかと思いますが。。(笑)
足裏が固い、いわゆる足のアーチが高い方。甲高の方に多いと感じています。
この様な方は足が固く、体を上に持ち上げるように歩く傾向にあります。

引用:(1) No.40 踵上げ歩き(ヒールアップウォーク) – YouTube
動画ではかなり極端ですが、イメージはこのような歩き方です。
身体を上に持ち上げるようにに歩くという歩き方は通常の歩き方よりもふくらはぎ、ないしはアキレス腱が固くなりやすいんです。
どういうことかというと絶えず踵上げをして歩いているものなんです。
このパターンの方は踵上げをすると痛い場合が多いです。
 
 

✔歩いてアキレス腱が痛いときはスポーツしていいの?

歩いていてアキレス腱が痛い場合、スポーツ活動を一時的に休止することをおススメします。
基本的に痛い行為ということが続くと、脳の神経回路に変化が生じてしまい、慢性痛という痛みに変わっていきます。
この慢性痛になってしまうと”脳が痛みを作り出す”ことが可能となってしまうのです。
どういうことかというと痛いという状態が普通になってしまうと脳が勘違いしてしまい、アキレス腱の状態にかかわらず痛みを出してしまうのです。
この慢性痛はアキレス腱の痛みを長引かせる基となります。
そのため、痛みが出る行為は続けるものではないです。
歩くのが痛いということはそれ以上に負荷のかかる動作、つまりスポーツ動作は止めておきましょう。

歩いて痛くない
➡踵上げして痛くない
➡ジャンプしても痛くない
➡徐々にスポーツ復帰へ

 
アキレス腱の治療をして、多くの方のスポーツ復帰に携わってきたものとしてはこの流れが良いかと思います。
 
 

✔歩いてアキレス腱が痛い場合はこのケアをしよう!

先程は歩いていてアキレス腱が痛くなる方は2つの原因に分けられる。
1つ目は足が柔らかいパターン2つ目は足が固いパターンと言いました。
この2パターンにはそれぞれ特徴がありますが、共通して言えることがあります。
それは①アキレス腱周りが固くなってしまい、組織同士の滑りが悪いこと ②足首の上げ下げが真っすぐではない
ということです。
この共通した原因を解決するためにはこちらのケアがおススメです!

引用:アキレス腱の痛み改善ケア!! – YouTube
こちらのケアを1日2~3回1週間1か月続けるのが理想です。
このケアを行うと足、体が軽い感覚を体験できるかと思います。
 
 

✔まとめ

✔歩いていてアキレス腱が痛くなるのは足が柔らかいパターン、足が固いおパターンがある
 
✔この2つのパターンに共通するのは①アキレス腱周りが固い②足首の上げ下げがまっすぐできない
 
✔原因を解決するケアはたった2分でできる

 
write by安田智彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。