あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

腓骨筋腱炎 ~すねの外側の痛み~ 対応・原因から解決方法を徹底解説

腓骨筋腱炎を解決するための記事です

 

・歩いていると脛の外側が痛い。。。
・走っていると脛の外側、踵の外側が痛くなる。。

こんな方いらっしゃいませんか?

 
 

この記事を読んでいただければ、
 
・すねの外側がなぜ痛くなるのかがわかる
・すねの外側の痛みを自分で改善できるようになる
・すねの外側の痛みにオススメなインソールがわかる

 
 
 
今回取り上げる痛みはすねの外側の痛み、腓骨筋腱炎というケガについてのものです。
気づいたら脛外側が痛くなっていた
長時間歩いたり、走ったりする動きが多くて痛くなっちゃった
という方に多い怪我や不調です。
 
足を内側もしくは外側に捻ってしまった
など明らかに受傷したきっかけがわかるものは腓骨筋腱炎ではない可能性が高いです。
 
そういった方は速やかに整形外科を受診しましょう。
 
そのため、足を捻ってしまって足外側が痛くなっている方はこちらの記事を参考にしてください☟
捻挫は正しく対応しないと長引きます。 専門家が完治へと導きます。
捻挫… 歩くと痛いときはこうすべき! 専門家が解決します。
足首を捻挫してしまった… 専門家が対応までを全てお話しします。
 
私は日々足に不調がある方を治療をしています。

・整形外科クリニックで延べ15000回の施術をしてきた
・スポーツ選手等にインソールを作ってきた
・ラグビー選手等のアスリートを診てきた

という経験があります。
そのため、私はあなたの足の状態を良くする情報を提供することができます。
 
 

本記事の内容
✔この症状があったら腓骨筋腱炎を疑いましょう
✔腓骨筋腱炎の疑いがあったら? 対応手順1から教えます
✔腓骨筋腱炎の解決には○○骨がキーポイント!
✔腓骨筋腱炎を改善するケア紹介します
✔腓骨筋腱炎にはインソールがオススメ⁈
✔まとめ

 
 
 
 
 

✔この症状があったら腓骨筋腱炎を疑いましょう


写真の部分に痛みがある方いらっしゃいませんか?
✔明らかに足を捻った記憶もない。
✔そして、この部分に痛みがある方
 
あなたのケガは”腓骨筋腱炎”の可能性があります。
足外側の筋肉には”長腓骨筋””短腓骨筋”という筋肉が存在します。

 

この筋肉を傷めることを腓骨筋腱炎と言います。
この腓骨筋腱炎はランナーに多く、ケガが悪化すると腓骨筋腱脱臼になってしまったりします。
 
 
 
 
 
 
 

✔腓骨筋腱炎の疑いがあったら? 対応手順1から教えます


今ので腓骨筋腱炎はどういったケガなのかがわかっていただけたかと思います。
では、腓骨筋腱炎という疑いがあった。
実際その後どうすればいいの??
と思った方いらっしゃいますよね
この項目で詳しく解説していきます!
 

腓骨筋腱炎の疑いがある

・腫れや熱、赤っぽさがある場合

☞痛い場所を冷やす・圧迫しましょう(10分から15分を1日3回程度)
☞整形外科に受診しましょう
☞腫れや熱、赤っぽさがなくなるまでは冷やす・圧迫を続けましょう。加えて痛くなる動きは極力避けましょう
☞腫れや熱が少なくなってきたらケアを開始

 
 

・腫れや熱、赤っぽさがない場合

☞痛い場所を冷やす・圧迫しましょう(10分から15分を1日3回程度)
☞並行してケアをしていきましょう

 
 
この手順を踏んでしっかり治し切ることが大事です。
 
 
 
 

✔腓骨筋腱炎の解決には○○骨がキーポイント!


なぜ腓骨筋腱炎になるのでしょうか?
腓骨筋腱炎になってしまう方は先程上げた”長腓骨筋”と”短腓骨筋”が固くなってしまうのです。
では、なぜ腓骨筋が固くなってしまうのか??
 
腓骨筋腱炎の多くは”足を着いた時の踵のブレ”が特徴的です。

 
 
歩いたり、走ったりするのは足を地面に着いて、爪先が離れる動きですよね?

 
足を着いた際に踵がブレると腓骨筋が固くなりやすいのです。
特に腓骨筋腱炎の方は足を着いたときに踵が外にブレやすいことが多いです。
ではなぜ踵がブレやすいのか?
 
多くは立方骨が下がっていることが非常に多いです。
この立方骨というのは足アーチの要と言われる超重要な骨です。

この骨が下がると

・踵がブレやすくなる
・足のアーチが崩れる

という特徴があるのです。
 
そのため、腓骨筋腱炎の原因である踵のブレを無くすには立方骨の調節が重要というのがわかりましたよね?
 
次の項目ではこの立方骨の調整ができるものです。
 
 
 
 

✔腓骨筋腱炎を改善するケア紹介します


先程の項目では腓骨筋腱炎の原因を改善するには”立方骨”の調整が大事ということがわかりましたね?
 
では、実際にケアを行ってみましょう!
 

引用:すね外側の痛み改善! たった1分半で実践可能! – YouTube
 
 
 
 

✔腓骨筋腱炎にはインソールがオススメ⁈


ずばり、腓骨筋腱炎にインソールはオススメです。
先程の項目で腓骨筋腱炎の原因は踵のブレによって腓骨筋が固くなることでしたね?
 
インソールは踵のブレを修正できるのです。
ただ、どのインソールもオススメというわけではありません。
立方骨がサポートされていて、踵がブレないインソールがオススメです。
 
市販のインソールではこちらがオススメです☟

引用:靴に入れるだけでOK!体の調子を整えてくれるインソールの効果とは | &GP (goodspress.jp)
TENTIAL INSOLE[テンシャル・インソール] コンディショニングインソール | TENTIAL[テンシャル] 公式オンラインストア
このインソールは立方骨をサポートしてくれるので非常にオススメです。
 
私がオススメするインソールはもう1つあります。
それは、”入谷式足底板”です
このインソールは身体の専門家が動きを見て作るオーダーメイドインソールです。

市販のインソール買ってみたけど足に合わずに使っていない。。。
こんな方は多くいらっしゃるかと思います。
 
作成時間はかかりますが、その方の動き方を見て丁寧に作るので、
「自分の足に合わない」ということはありません
入谷式足底板が作れる施設はこちら☟
流山市・南流山の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後 あさば整骨院 (asaba-seikotsuin.com)
 
 

✔まとめ

 

・腓骨筋腱炎とはすねの外側の痛みです
・腓骨筋腱炎が疑われる場合は適切な対応をとりましょう
・腓骨筋腱炎は立方骨の調整がキーポイント
・腓骨筋腱炎にはインソールがオススメです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。