あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

ランニングで足痩せするフォームはこれです! スポーツトレーナーが教える走り

ランニングで足痩せするためにはどうすれば良いかがわかる記事です

 

◇最近足が太くなってきたからランニングでも始めよう!
いざランニングをしてみても全然足痩せしない。。

 
 

◇ランニングを始めようと思うのだけれど本当に足痩せするのかな?

 
 

◇ランニングで足痩せしようとしてるけど、ただ疲れるし筋肉痛がひどい。。


このようにお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。
 
正しいフォームやケアを併用してランニングをしなければ足は痩せません!
 
じゃあどうやってランニングしたらいいの?
と思う方いらっしゃるかと思います。
 
 

この記事を読めば
✔足痩せするにはどうすれば良い
✔どんなランニングをすれば足痩せするのか

 
がわかります。
 
私は

・整形外科クリニックで延べ15000回の施術をしてきた
・ランナーにインソールを数多く作ってきた
・ラグビー選手初め、アスリートの足を治療してきた

 
経験があります
 
これらの経験から足が太くなりやすい方の足首には共通した特徴があります。
また、足が太い方のランニングフォームにも共通した特徴があります。
この記事を読んでくださっているあなたはどうでしょうか?
 
一緒に見ていきましょう。
 
この記事と一緒にこちらも読むことをオススメします☟
ランニング前のストレッチ スポーツトレーナーが教えるケア
ランニングで筋肉痛になりやすい場所5選 原因はすべて足からきている?
足が太いでお悩みのあなた!! 体の専門家が解決方法教えます。
 
 
 

本記事の内容
✔足が太く見える理由
✔ランニングで足痩せしたいなら足首とランニングフォームを整えよう
✔ランニングで足痩せするためにするためのケア
✔ランニングで足痩せしたい方はインソールもオススメ
✔まとめ

 
 
 

✔足が太く見える理由


ランニングを続けているのに足痩せしないとお悩みの方は多くいらっしゃるかと思います。
 
そんなときにはまず、なぜ足が太くなってしまうのかの原因を知らなければいけません。
足が太く見える方に共通しているのは筋肉の固さです!
どんな筋肉が固くなっているかというと、
大殿筋大腿四頭筋ヒラメ筋アキレス腱が固くなっていることがかなり多いです。

大殿筋


引用:大殿筋  フリー – Bing images
大殿筋はお尻の筋肉です。
このお尻の筋肉が固くなっているとお尻がたるんでいるように見えます。
お尻がたるむと、お腹もたるむ、太ももが太くなる、ふくらはぎが太くなるなど悪循環に陥ります。
 

大腿四頭筋


引用:大腿四頭筋  フリー – Bing images
大腿四頭筋は太ももの前に位置する筋肉です。
この筋肉が固くなると太ももが太く見えます!
太ももが太く見えれば、足全体が太く見えますよね?
 

ヒラメ筋


ヒラメ筋とはふくらはぎの筋肉です。
ふくらはぎの筋肉です。
ふくらはぎはヒラメ筋、腓腹筋という2つの筋肉で構成されています。
腓腹筋はふくらはぎを縦に細く見える筋です。
ヒラメ筋は発達するとふくらはぎが横に広がって見える筋です。
つまり、ヒラメ筋が固くなるとふくらはぎが太く見えやすくなるのです。
 
そうなれば足は太く見えやすいですよね?

アキレス腱

アキレス腱は筋肉ではないですが、固くなると足が太く見えます。
アキレス腱が固くなると踵からふくらはぎ1/3までが肥厚していきます。
そうなれば足は太く見えますよね?
そして、先程も上げたヒラメ筋が固くなっている方はアキレス腱も必ず固くなってしまうのです。
そうなればふくらはぎ全体が固くなってしまいます。
 
今までの項目を読めば、足が太くなってしまうのは大殿筋、大腿四頭筋、ヒラメ筋、アキレス腱が固くなってしまうということがわかりましたね?
 
これらの筋肉がランニングによって固くなってしまえば足痩せどころか逆効果になってしまうのです。。。
 
 
 
 

✔ランニングで足痩せしたいなら足首とランニングフォームを整えよう


先程までの項目を見れば足が太くなってしまう理由が分かっていただけたかと思います。
 
ということはランニングにおいて4つの筋肉に負担をかけない走り方をしていれば、
ランニングを続けていくことで脚痩せに繋がっていく気がしませんか?
ではどんなことをすれば足が太くなる筋肉の負担を減らせるのか。
 
キーポイントは①足首の動きを良くすることと⓶ランニングフォームの工夫にあります。
 

①足首の動きを良くすること

どういうことかというと、
足には3つのアーチがあります。

このアーチを利用してランニングが行えれば筋肉の負担を最小限に減らすことができます。
足のアーチというのはドーム状です。
体重をかけることでこのドームに体重が乗ります。
ドームが潰れて跳ね返る力を最大限利用する。
そうすると体が楽に前に進みます。
加えて、このアーチをしっかり使えるようになるとヒラメ筋やアキレス腱の負担が大幅に減らせるのです。
足のアーチを整えるには足首の動きを良くしなければいけません。
後でケア方法を載せておきますね!
 

②ランニングフォーム

ランニングフォームの工夫にも足痩せのポイントが含まれています。
まずこちらの動画を見てください!

引用:疲れない走り方教えます。 簡単実践できます – YouTube
 
何となくイメージ着きました?
体が沈んでしまうランニングフォームだと筋肉に相当な負担がかかります。
つまり、足が太くなる筋肉にも当然負担はかかります。
 
しかし、バネのように走ることができれば筋肉の負担を極端に減らせます。
加えてこの走り方だとアキレス腱が成熟するため、細くなりやすいんです。
 
何となく足首の動きとランニングフォームが脚痩せには大事ということがわかりました?
 
 

✔ランニングで足痩せするためにするためのケア


では、実際にランニングで足痩せするためのケアを紹介します!
 
足首の動き改善

引用:足のバネを養うケア 筋肉を使わない楽な走りへ – YouTube
 

引用:不調になりにくい足の作り方!! – YouTube
 
ランニングフォーム改善

引用:足のバネを身につける。 楽に走れるようになります – YouTube
 
 
 
 

✔ランニングで足痩せしたい方はインソールもオススメ


ランニングで足痩せしたい方にオススメなケアを紹介しました。
加えてインソールを併用して使うとより脚痩せに近づくと考えます。
なぜなら、
インソールは足のアーチを整える効果があるからです。
「足首の動きが良くなれば足が太くなる筋肉に負担がかからない」
でしたよね?
ということはインソールがいかに効果的なのはわかりましたね?
 
数あるインソールで私がオススメするのが”入谷式足底板”です
このインソールはその方の動きを一つ一つ見ながら作るオーダーメイドインソールです。
私も入谷式足底板を作っていますが個々人に合わせて作るのが一番良いと感じています。
 
入谷式足底板が作れる施設はこちら☟
流山市・南流山の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後 あさば整骨院 (asaba-seikotsuin.com)
 

✔まとめ

 

・大殿筋、大腿四頭筋、ヒラメ筋、アキレス腱が固くなると足が太くなりやすい
・ランニングで足痩せするには①足首の動き②ランニングフォームの工夫が大事
・ランニングで足痩せするにはインソールを使うと良い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。