あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

ダイエットの停滞期について

ダイエットの停滞期で悩まれている方を解決に導く記事です

ソース画像を表示
 

ダイエットを始めて最初のうちは順調に体重が落ちた!
でも、段々体重の減るスピードが遅くなって次第に停滞してきた…
逆に前日よりも体重が増えてしまっている。。

ソース画像を表示
このように悩まれている方いらっしゃいませんか?
 
ダイエットを進めていくと、停滞期があるのは仕方がないことです。
皆さん停滞期は悪いこと…
と思っていらっしゃる方が多いですが、実はダイエット中の停滞期は順調に進められている証拠なんです!
なぜかを解説していきますね!
 
私は流山市にある「あさば整骨院」で施術や栄養指導を行っています。
その中で多くの方にダイエットサポートをさせていただいています!
中でもダイエット中に気分が落ちてしまう方は決まって停滞期をむかえていらっしゃる方が多い印象です。
 
この停滞期を乗り越えれば、一気に体重が落ちる瞬間が必ず来ます。
 
この苦しい時期を乗り越えれば、明るい未来があるのに…
停滞期を機にダイエットを諦めてしまう方がいらっしゃるのも現状です。
そんな悩んでいる方のお助けになれればと思います。
 

ダイエット中の停滞期について

ソース画像を表示
では、ダイエット中の停滞期について解説していきます。
停滞期では体にどんなことが起きているのかを説明していきますね!!
 
まず、ダイエットの目的は体重を減らし、体型を良くしてなりたい体になることですよね。
体重が減っていく原理としては、脂肪がエネルギーとして使われて、燃焼されることで減っていきます。
脂肪を燃焼するには糖質をエネルギーとして使用するのではなく、脂肪をエネルギーとして使う体の仕組みに変えなければいけません。
 
”糖新生”という体の仕組みを利用すると痩せやすくなるのです。
よく極寒の地で食料もない方が2週間生き延びた話など聞いたことがありますよね?
これは糖新生が行われたからなのですが、糖新生とは体内の糖が少なくなると、脂肪をエネルギーとして使うことを言います。
 
このような体の仕組みにもっていくには、
①摂りすぎている糖質を抑えること
②タンパク質を積極的に摂取して代謝を上げること
③良質な油を摂ること
④代謝酵素を最大限利用するため食事の回数と時間間隔に気を付ける
が大事です!
 
詳しくはこちらの記事たちに書いてあるので参考にしていただければと思います☟
ダイエットにタンパク質はなぜ必要?
ダイエット中の糖質はどのくらい摂ったらいいの?
酵素とは? わかりやすく解説します!
サバ缶の栄養はダイエットに良い⁈
 
ダイエット中はこういった原理で体重が落ちてくるのですが、実は題名にもある通り停滞期がある方というのはダイエットが順調に進んでいる可能性が高いです!
 
例外もいらっしゃいますが、
①②③④に気を付けた食事内容をしっかりとっている方であれば、停滞期が来るのはむしろ体の反応的には正常と言えます。
体の機能にはホメオスタシスという機能が備わっています!
名前だけ聞くとかっこいいですよね(笑)
 
ホメオスタシスとは恒常性という意味で、体内の環境を一定にしようとする働きの事を言います。
つまり、ダイエットが進んで体重が急激に落ちる。
そうすると体が危険を察知して「このまま体重落ち続けたら、生命維持に関してヤバいからあんまりエネルギー使うのはやめておこう」と省エネモードに入るわけです。
何となくイメージがつきますか?
 
体が省エネモードに入っているので、脂肪も燃焼しずらい体になって体重が減りにくいというのが停滞期の真実です。
このホメオスタシスという機能は1か月で体重が5%落ちた方に起きると言われています!
 

停滞期に気を付けること

先程の説明何となくわかりましたか?
停滞期の体はこのようになっているんだと知ると少し心が落ち着きますよね!
この停滞期を我慢して乗り越えていくと、「今の状態が普通なんだ!」と体が認識し始めるのでまたそこから徐々に体重が落ち始めます。
 
大体停滞期は2週間~1か月で打破できると言われているので、
停滞期の方! もう少しの辛抱です!!
 
逆に停滞期で「体重が減らないからダイエットやめよ」となった方には更なる落とし穴があるのです💦
停滞期中に食事量を増やすと、「今体は危機的状況だから、今のうちに脂肪をつけて蓄えておこう」と体は反応します。
となると、今までよりも却って太ってしまうのです。
 
なのでこの停滞期をいかに我慢して耐えられるかが重要なのです。
停滞期はダイエットが上手くいっている証拠、大丈夫と言い聞かせてあげてください。
 
また、体重が減っていなくても体形は変わっていることがほとんどなので、
体重以外でポジティブに変化している部分を探してあげると良いですよ!!
 
それ以外にも停滞期中は以下の事に気を付けてください
・過度な食事制限をしないこと
・食事の内容を見直すこと
・ストレスをためないこと
・睡眠をしっかりとること
・生理前であれば無理しないこと
 
これらを意識してみましょう!
 

ダイエット中の停滞期を打破するには?

ダイエット中の停滞期理解できてきました?
停滞期を乗り越えるには、今の食事量を続けて諦めずに継続することが大事です。
そのほかには、巷で有名な”チートデイ”を作るというものもあります。
停滞期中は省エネモードに入っていて、代謝が落ちているので急激にエネルギーを増やすことで代謝を上げようという狙いで行われます。
 
急激に好きなものをドカッと入れるのはいかがなものかと思います。
 
ストレスを軽減するという目的で普段の食事の1食だけ好きなものを食べるくらいだったらオススメかなと思います。
大事なのは無理せず諦めず継続することです!
心がめげそうになった時にチートデイを作ってストレスを軽減してあげるくらいが良いかと思います。
 
チートデイに関してはこちらの記事が参考になります☟
ダイエットを確実に成功させるチートデイのやり方【科学的根拠あり】 | 【くびれサーキット】広島市中区のセミパーソナルジム/月額7800円でトレーナーつき (kubire-circuit.jp)
 

ダイエットで分からないことがある際は専門家に頼ろう!

停滞期もしかり、ダイエットに関して悩みは尽きないですよね。
 
その都度ネットで検索しても情報量が多すぎてどれが正しいのかも分からなくなりますよね。
そんな時は気軽に相談できる体の専門家を作るようにしましょう♪
私がオススメするのは「あさば整骨院」のスタッフです!
スタッフ全員が国家資格保有者で日頃から施術と栄養指導を行っています!
何かわからないことがある際はあさば整骨院のスタッフを頼ってみてください♪
 

まとめ

・ダイエットの停滞期は正常な反応です
・停滞期に継続して食事管理を続けていけば、体重は再び減っていきます
・ダイエットで分からないことがあればあさば整骨院がオススメ