流山の口コミNO.1整骨院が伝える! 膝の痛みにはまずこれ!

流山口コミNO1整骨院が、膝の痛みに悩む方を改善に導く記事です。

プラス1>「ひざ痛」を和らげたい!アイシングとエクササイズのやり方|プラス1|GDO ゴルフレッスン・練習

✔動き始めに膝が痛くなる。

 

✔夜寝ていると膝が痛くて、起きてしまう

 

✔長時間歩いていると膝が痛くなる

 

✔立っていると膝が痛くなる

 

✔階段の上り下りで膝が痛くなる

 

このように膝の痛みに悩む方いらっしゃいませんか?

 

膝の痛みが出た際にまずチェックしてほしいこと、やってほしいことがあります。

普段,整骨院で膝痛に悩む方の施術をしていて、

「もっと早期にこうしておけば、治りが早いのに。。。」

と思うことが多々あります。

 

そこで膝が痛くなったらまずしてほしいこと、やるべきことを紹介したいと思います!!

 

膝が痛い! 膝に何が起こっているの?

ソース画像を表示

膝は大腿骨という太ももの骨と、脛骨という脛の骨、膝蓋骨というお皿で構成された関節です。

膝が痛くなり始めの多くは膝周りの組織に”炎症”が起こっていることがほとんどです!!

炎症とはいわばキズの事を指します。

 

どういうことかというと、あるストレスが膝にかかってしまうことで膝の中に傷が入ってしまうのです。

切り傷を想像していただけるとわかりやすいかと思います。

体の表面の切り傷は傷自体に痛みがありますし、動かすと傷が広がって痛くなりますよね。

この状態が膝の中でも起こっているのです。

 

なので膝が痛くなり始めた当初というのは、鋭かったり痛みの強さが大きいのです。

なんとなく膝で何が起きているのかはイメージつきましたでしょうか?

 

 

膝が痛くなったらまずこれをしよう!

先程までの項目では膝が急激に痛くなり始めた当初というのは、”炎症”が起きていますよ!

と伝えてきましたね?

 

では、膝に炎症がおきている時にはどんな対応をとるべきなのか?

そもそも炎症が起きているのかはどうやったらわかるのかを解説していきますね!

炎症とは?どんな状態なの?わかりやすく説明! | ぶっちゃけ鍼灸師の人に教えたくなるツボ (k-kori.com)

☝炎症について詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください!!

 

まず、炎症が起きているのかを確認する方法はいかにまとめます。

膝に炎症がある際は4つのサインを発します。

 

1つ目は痛みです!

当たり前と思われるかもしれませんが、こちらも大事なサインです。

 

2つ目は腫れです!

痛くない方の膝と比べてみてください。

炎症がある場合は、上から触った際に明らかに腫れがあるはずです。

 

3つ目は膝に熱を持っているかです!

炎症がある場合は、体の反応として熱を発するからです。この現象はごく自然なことで、体を正常に戻し、回復させるためには必要な反応です。

 

4つ目は膝が赤くなっているかです!

 

痛み・腫れ・熱っぽさ・赤くなっているのいずれかがある場合は,膝に炎症が起きている可能性が非常に高いです!

 

炎症の疑いがある場合にしてほしいことをまとめていきます。

まず炎症が疑わしい場合は”アイシング””圧迫”を行ってください!

アイシングを行うことで膝の中にある傷が塞がりやすくなるのです。

 

アイシングに関しては10分~15分を1日2、3セットを目安に行ってください。

圧迫に関してはアイシングを行う際の氷を痛い場所に押し当ててあげるように行いましょう!

 

アイシング・圧迫を行った上でお近くの整形外科のお医者さんに診てもらうことをオススメします。

整形外科では、レントゲンやMRIを撮った上で症状の診断を行ってくれます。

診断を行った上で、適切な対応を行ってくれます。

ご自身の膝がどんな状態かを知る上でとても大切ですので、膝に炎症があるなと感じたら必ず病院を受診するようにしましょう!

 

 

次の項目ではなぜ膝が痛くなってしまうのかを紹介していきます。

これから説明する膝が痛くなる原因を理解し、修正しないと今後も痛みが再発してしまうのです。

 

 

こちらの記事も参考になりますよ☟

膝に水が溜まる… 対処法と原因を専門家が教えます。

膝を伸ばすと痛い 原因は○○にあった⁈ 【流山No.1整骨院監修】

 

そもそも膝が痛くなる原因は?

それでは、膝が痛くなる原因を解説していきます!!

なぜ膝が痛くなるのか?

 

ズバリ、膝が痛くなるのは背骨と骨盤が歪んでいることが考えられます!!

 

ソース画像を表示

 

この”骨盤と背骨”は身体の土台となる骨です。

基本的に筋肉は骨にくっつきます。

ソース画像を表示

ほとんどの筋肉がこの骨盤と背骨にくっつきます。

この土台となる骨が歪んでしまうと、筋肉のバランスが崩れてしまうのです。

膝周りの筋肉が固くなることで、動かし方が変わります。

動かし方が変わることで膝に負担がかかり、炎症を起こすケースが多々あります。

 

例えば、骨盤の右側が上に歪むことに加えて背骨が図のように歪んでしまうとします。

そうなると右の膝や太ももの外側だったりが固くなりやすくなるのです。

なぜなら、図のような歪み方は右膝の外側、太もも外側が固くなりやすい”歪み方”をしているからです。

 

人によって歪み方は様々ですが、その歪みが今の膝の痛みと関係するのであれば修正しなくてはいけません。

多くの方が膝の外側や内側、お皿の下、膝裏に痛みがでます。

そういった方のほとんどはその痛みが出る部位に負担がかかる歪み方をしています。

 

そのため、膝の痛みが落ち着いたら再発させないための治療を行うことが大事です!

 

 

膝の痛みに悩んだら「あさば整骨院」へ!

流山あさば整骨院_スタッフ写真

今までの項目は何となく理解できたでしょうか?

 

膝の痛みが出た場合は、炎症かどうかをチェックします。

炎症が起きているかもしれなければ、アイシングをしながら痛い場所を圧迫しましょう。

その後、近くの整形外科を受診してお医者さんの指示に従いましょう。

という流れが非常に大事になってきます。

 

加えて、膝が痛くなってしまった原因を改善する治療もしていくべきだと伝えましたね!

膝の痛みを根本的に改善したい場合は、「あさば整骨院」をお勧めします。

先程伝えた、膝の痛みの原因となりやすい骨盤と背骨の歪み方は人それぞれ違います。

その方に合ったオーダーメイドの治療を行うことが大事です。

 

あさば整骨院は全員が国家資格を保有しており、スタッフ全員が病院やクリニック勤務の経験を持ちます。

病態を把握したうえで、安全に正確に治療いたします♪

膝の痛みにお困りの方はあさば整骨院へぜひ♪

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。