ランニングの際に膝の内側が痛い… 原因をわかりやすく解説します。

ランニングの際に膝の内側が痛くなる方を改善に導く記事です。

ソース画像を表示

健康のためにランニングを始めた!

最初の方は快適だったけど、続けていくうちに膝の内側が痛くなってくる。

最近は膝の内側が痛くなるから走るのはもうやめてしまっている…

ソース画像を表示

こんな方いらっしゃいませんか?

 

膝の内側の痛みはよく起こるトラブルでもあります。

 

今現在ランニング中にのみ膝の内側が痛くなる場合でも、

 

この膝の痛みを放っておくと

日常生活の動く際に膝が痛い

➡日常生活でも常時膝が痛くなる

➡変形が強くなって手術

という経過をたどってしまう恐れがあります。

こういった経過を辿らないためにも今しっかり治す必要があります。

 

私は南流山・江戸川台にある「あさば整骨院」で働いております。

ソース画像を表示

あさば整骨院で働くスタッフは全員が国家資格を保有しており、前職は整形外科クリニックや総合病院で働いていた経験があります。

その中で膝の痛みを持った方を数えきれないほど施術してきました。

痛みがなくなって良くなった方、手術に移行した方などを見てきました。

これらの経験を基に今回記事を書いていきたいと思います。

 

 

・膝の内側が痛くなっているのは筋肉?骨?

ソース画像を表示

膝の内側が痛い。実際に何が痛みの基かを知る必要があります。

まずこれを知ることによって対応の方法が変わってくるからです。

①お皿の内側が痛い方は内側側副靭帯損傷が疑われます。加えて膝を内側に入れたときに①部分が痛くなる方は靭帯損傷疑いがあります。

②お皿の下の内側が痛い方は膝蓋下脂肪体が固くなっております。お皿下の内側が痛い方は”脂肪”が固くなって痛くなっています。

③お皿の上内側が痛い方は内側広筋や薄筋という筋肉が痛くなっています。お皿の上内側が痛くなる方は筋肉が固くなって痛くなっている可能性が非常に高いです。

 

まとめるとランニング時の膝内側の痛みは靭帯・脂肪・筋肉のいずれかが固くなって痛くなっている可能性が高いです。

靭帯損傷は別ですが、脂肪や筋肉が固くなって痛くなっているケースは施術やケアによって改善する可能性が高いので安心してください♪

次の項目では「なぜ靭帯・筋肉・脂肪が固くなって痛くなってしまうのか」を解説していきます。

固くなって痛くなるのには必ず原因があります。

この原因となる要素を改善しない限り、また同じ痛みが出てくる可能性があります。

そして、この3つが痛くなってしまうのはある動かし方や共通した原因があるのです!

 

・ランニング中に膝の内側が痛くなるのはなぜか

先程までの項目では膝の内側の何が痛くなっているのかを解説してきました。

靭帯・筋肉・脂肪が固くなって結果的に膝の内側の痛みに繋がっていましたよね!

実際痛くなっている筋肉や脂肪をマッサージすれば症状は緩和します。

しかし、痛くなっている原因が改善されなければ、しばらくしたら痛みが出てきます。

それだと同じくり返しで嫌ですよね??

原因を一緒に見ていきましょう

 

じつはこの3つが痛くなるのは同じメカニズムです。

ズバリ、ランニング中の特に着地で痛みが起こることがほとんどです!

ランニング時の着地の際に膝が外側に捻れるストレスがかかると3つを痛めやすくなります。

ソース画像を表示

この図を見ると分かりやすいかもしれません。

いわば太ももの骨と脛の骨が雑巾絞りのように捻じれているのです。

この捻じれによって①靭帯は引き延ばされる②脂肪が内側にたまって硬くなる③内側の筋肉で支えるので固くなる

という現象が起こるのです。

 

まとめると膝内側の痛みを根本から改善させるには、ランニングの着地の際の膝が捻じれる動きを改善するのがポイントです!

改善方法は後程伝えていきますね!

 

・ランニング時に膝の内側が痛くなった際の対処法

膝内側のどこが痛くて、なぜ痛くなっているのかはわかっていただけたかと思います。

では、実際痛くなっちゃったらどうすれば良いかを説明していきますね!

 

ステップ1:膝内側に腫れ・熱っぽさ・赤さがないか確認+じっとしていてもジンジン痛むか確認

➡当てはまる方はアイシング(10分~15分を2~3セット)!!

 

詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります

アイシングを効果的にする方法、時間と回数、やりすぎない為の注意点 | 白石市で整体なら白石接骨院いとうへ!3万人以上を施術し紹介率95%! (shiroishisekkotsuin-ito.net)

 

ステップ2:痛む場所をチェックして靭帯に痛みがある方はお近くの整形外科を受診しましょう

*それ以外の痛みの方も基本的には整形外科で診断をしてもらったほうが良いです

 

ステップ3:本記事で紹介するケアを行ってみてください

 

 

・ランニング中の膝の内側の痛みを撃退するケア

先程上げた着地時の膝が捻じれる動きを改善するケアを紹介します!

上記3つのケアが症状改善にはオススメです!

隙間時間に出来るものなのでぜひやってみてください!

 

・ランニング時の膝内側の痛みはインソールが効果的です!

ソース画像を表示

これまでの記事の内容何となく理解できましたか?

実は膝内側の痛みの原因の膝の捻じれる動きというのはインソールで解決できることがほとんどです。

インソールというのは足をサポートするものと思われがちですが、足が整うとからだの土台が整うのです。

どういうことかというと足は唯一地面に接する場所です。

この足が崩れれば、その上の膝・腰・肩・頭などが一気に崩れます。

膝も例外ではなく、足の土台が崩れると膝の捻じれる動きを助長しやすいのです。

そして市販のインソールではなく、オーダーメイドインソールが絶対的にオススメです。

なぜなら体の動かし方や足の形は人それぞれ違うからです。

 

私が作っているインソールはその方の足から姿勢、体の動かし方から事細かく分析して手作業で作るオーダーメイドです。

膝内側が痛くて困っている方にはぜひ使ってほしい一品です♪

 

・ランニング時の膝痛は「あさば整骨院」へ

今の時代ネットで情報は転がっており、いくらでも情報収集できます。しかし、情報がありふれていて何が正しいのかが分からなくなりますよね。

そんな時は気軽に体の専門家に頼りましょう!

私がオススメする専門家は「あさば整骨院」のスタッフです!

流山あさば整骨院_スタッフ写真

冒頭でも書きましたが、私たち全員国家資格保有者で多くのお客さんを施術してきた経験があります。

そんな経験を基にお客様一人一人に合ったアドバイスが実現可能です!

 

・まとめ

・膝の内側の痛みは今解決しないと今後さらなるリスクに繋がります

・膝の内側の靭帯、脂肪、筋肉が痛くなっていることがほとんど

・ランニング時の着地の際の膝のねじれが原因です

・オーダーメイドインソールが根本原因を解決するのはオススメです

・膝内側の痛みにはあさば整骨院がオススメです

 

こちらの記事もオススメです☟

膝を伸ばすと痛い 原因は○○にあった⁈ 【流山No.1整骨院監修】

膝の裏が痛いのは歩きすぎが原因⁈ 解決方法教えます!

 

 

コメントは受け付けていません。