あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

シンスプリントは走りながら治せます

 

・走り始めに脛の内側が痛い。。。
・長い距離を走っていると脛の内側が痛くなる。。。
・走り終わった後に脛の内側に激痛がはしる。。。

 
こんな方いらっしゃいませんか?

 

こちらの記事を読んでいただくと、、
・走る際のシンスプリントがなぜ起こるのか?がわかります。
・走りに関連したシンスプリントの痛みを自分で改善できるようになります。
・走りながらでもシンスプリントを治せるようになります

 
 
加えてこの記事を読み、ケアを実践していただくと効率の良いランニングに適した足首へと変化が望めます!!
 
 
 

本記事の内容
✔走る時のシンスプリントの痛みは2パターンあります
✔走りながらシンスプリントを治す ~○○の動きを改善しよう~
✔走りながらシンスプリントを改善する方法
✔走りながらシンスプリントを改善したいときはインソールが有効的⁈
✔まとめ

 
 
 

✔走る時のシンスプリントの痛みは2パターンあります


シンスプリントの詳しい説明に関しては以前いくつかの記事で回いていますのでこちらを参考にしてください。
こちらの記事を読んでいただけるとより理解が深まるかと思います。
シンスプリントの改善方法! 専門家がをお伝えします。
シンスプリントをストレッチで改善しよう! たった30秒!体の専門家オススメ
シンスプリントにはここをマッサージしよう!
簡単にまとめます。
シンスプリントとは脛の内側の痛みです。
脛の内側ニック着く筋肉(”後脛骨筋”、”長趾屈筋”、”長母趾屈筋”、”ヒラメ筋”)が固くなることでシンスプリントへとなっていきます。
シンスプリントを患った方の中でランニング中に痛みを発する方は非常に多くいらっしゃいます。
なぜかというとランニングフォームの崩れやクセによって先程上げた4つの筋肉が固くなりやすいからです。
走りにはシンスプリントへと発展しやすい動きが多々ある
そのためケアやしっかりとした知識を持っておくことが重要です。
では走りの中のどんな動きの崩れがシンスプリントへと発展していくのでしょうか?

1つ目は着地(接地)の際に崩れがあるパターンです。

ランニングのサイクルは以下の通りです。
①足が地面に着地☞②足裏に体重が乗る☞③爪先で蹴り出す☞④反対の足が地面に着地☞⑤反対足裏に体重が乗る☞⑥反対足の爪先で蹴り出す☞①へ

引用:「ランニング 終期」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)
というこの①~⑥のループを繰り返します。
このループの中でシンスプリントに関係する4つの筋肉が固くなりやすいシュチュエーションの1つは着地(接地)です。

足が真っすぐ着地せずグラグラすると脛の内側にくっつく4つの筋肉が伸ばされて固くなります。
そうなると走ったときにシンスプリントへとなるわけです。

2つ目は蹴り出しの際に崩れがあるパターンです。

先程説明した①~⑥のランニングサイクルの中で爪先で蹴り出すときにも4つの筋肉は固くなりやすいです。
爪先で地面を蹴り出す際に足がぐらぐらしてしまうと4つの筋肉が過剰に頑張りすぎて固くなってしまいます。

引用:「ランニング フリー」の検索結果 – Yahoo!検索(画像)
 
 

走りながらシンスプリントを治す ~○○の動きを改善しよう~


先程の項目では走る際にシンスプリントの症状が出やすいのは”着地”と”蹴り出し”だと書いてきました。
この着地と蹴り出しの際に足がグラグラしてしまうとシンスプリントへと発展していきます。
ということは走る際にこの着地と蹴り出しを真っすぐにする。
これができれば走りながらシンスプリントの痛みを減らすことができると思いませんか?
私は実際にシンスプリントの方を日頃治療しています。
治療の中で着地・蹴り出しの動きを整えることで改善に向かうケースは非常に多い印象です。
そして、着地と蹴り出しの動きを真っすぐにするには
①足首の上げ下げを真っすぐにすること
②着地の際に体重が後ろに乗りすぎない
この①②を改善することが超重要です!!
 
 

走りながらシンスプリントを改善する方法

先程の項目では走る際の着地と蹴り出しを真っすぐにすることがシンスプリント改善には重要と書いてきました。
先程書いた①足首の上げ下げを真っすぐにすること、②着地の際に体重が後ろに乗りすぎないケアを紹介していきます。
このケアを走る前後で行ってください!
 

引用:(5) 不調になりにくい足の作り方!! – YouTube
 

引用:(5) 【ガチガチのお尻】ガチガチのお尻を柔らかくし、お尻の垂れ、骨盤のズレ、腰痛、股関節の痛みを改善する「お尻ストレッチ」【大分市 腰痛治療家 GENRYU ( 安部元隆 )】 – YouTube
 

引用:(5) 【選手向け】上半身の柔軟性を高めるトレーニング5種類【胸椎】 – YouTube
3つの動画のケアを行っていただくと①②の解決に繋がっていくかと思います。
 
 

走りながらシンスプリントを改善したいときはインソールが有効的⁈

私は普段オーダーメイドインソールを作っています。

その方の動きを見て作るオーダーメイドインソールはシンスプリントの痛みに非常に有効的です。
加えてランニングシューズにインソールを入れることで着地・蹴り出しの動きを真っすぐに整えることも可能です。
その方の動きの特徴を見て作ることが重要な為、市販のインソールよりもオーダーメイドインソールを強くおススメします!!
入谷式足底板が作れる施設はこちら☟
流山市・南流山の腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後 あさば整骨院 (asaba-seikotsuin.com)
 

✔まとめ

・走る際、シンスプリントのケガに陥るリスクがある
・走る際の着地・蹴り出しでシンスプリントに陥りやすい
・シンスプリント改善には走る際の着地・蹴り出しを整えることが大事
・そのために①足首の上げ下げを真っすぐにすること②着地の際に体重が後ろに乗りすぎないことが大事
・本記事のケアは①②改善のためにある
・走る際のシンスプリントの痛みにはオーダーメイドインソールが有効的

 
 
write by 安田智彦
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。