あさば接骨院 asaba seikotsuin

あさばグループ

南流山、江戸川台の2店舗を構えるあさば接骨院は、腰痛・坐骨神経痛・膝痛・産後の痛みの改善を得意とする地域密着の整骨院です。

健康コラム

筋トレでつる。。原因と解決を専門家が解説

筋トレでつってしまう方を改善に導く記事です
最近始めた筋トレ。
筋肉にも刺激が入って気持ちいい!
だけど毎回トレーニングで同じ場所が攣ってしまう。。
トレーニングを長年している。
筋トレにおいてある一定の場所が攣ってしまう。。
サプリンメントとか気を付けているのに何で?
トレーニングを長年行っているが、筋トレ中の攣りに悩まされている。。
水分不足? サプリメントとったほうがいいのかな?
このような方いらっしゃいませんか?
筋トレ中に攣ってしまうと集中してトレーニングが出来なかったり、パフォーマンスにも影響が出てきますよね。
そして、ある一定の場所が特につりやすい方は今回の記事をぜひ見てほしいです。
一定の場所が攣りやすい方の身体には共通の癖があったりします。
私は、

  • 整形外科クリニックで延べ15000回の施術を繰り返してきました
  • 体の不調を持った方にインソールを作ってきました
  • ラグビー、サッカー選手はじめとするアスリートの治療をしてきた

経験があります。
その中で相当な数の身体を治療してきました。
その中にはもちろん筋トレをしている方も多くいらっしゃいます。
そのような方たちを多く見てきたからこそ話せる部分もありますので安心してこの記事を読み進めてみてください。
この記事を読めば、

  • あなたがなぜ筋トレ中に攣ってしまうのかがわかる
  • あなたの身体の癖がわかる
  • 自分で筋トレ中の攣りに対応できる

こちらの記事も併せて読むことを勧めます☟

土踏まずがつりやすい方へ ○○筋をケアしましょう!


足の裏がつる。。 専門家がこの悩みを解決します
筋トレでつりやすい場所はふくらはぎ、太もも裏、足裏です
筋トレをしている多くの方を治療してきた経験を持つ私ですが、
多くの方はふくらはぎ、太もも裏、足裏がつりやすいです。
それぞれつってしまうのには理由があります。
簡単に言うとこの3つの筋肉には負担がかかりやすいのです。
なぜ負担がかかりやすいのか?
どんな体の特徴があると負担がかかってしまうのか?
これから解説いていきますね!
どの筋肉にも共通する治すべき点がありますのでそちらに関して説明していきます。
筋肉が攣るというのは、その筋肉に過剰に力が入ってしまい、力が抜けない状態なんです。
なぜ筋肉に過剰に力が入って、抜けないのか?
それは、
ミネラル不足と水分不足が主です。
筋肉を伸び縮みさせるにはミネラルが必須なんです。
このミネラルが不足すれば筋肉の伸び縮みが正しく行えません。
また、筋肉を正しく伸び縮みさせるには血流の流れが正常でないといけません。
水分が不足すると血流の流れが低下して、筋肉まで栄養がいきません。
そうなれば正しく伸び縮みができなくなりつってしまうのです。
なのでどの筋肉の攣りに関しても水分不足とミネラル不足は改善しなければいけません。
ミネラル不足にはスポーツドリンクがオススメです。
ここまで何となくわかりました?

筋トレでふくらはぎがつる

ふくらはぎが攣ってしまう方を改善に導きたいと思います。
基本的に「ふくらはぎが攣った!」となるのは、
腓腹筋とヒラメ筋という筋肉です。
この腓腹筋とヒラメ筋に負担がかかりすぎてつってしまうのです。
なぜ負担がかかってしまうのか。
筋トレ中ふくらはぎが攣ってしまう方は、アキレス腱周りが固くなっていることがほとんどです。
アキレス腱周りが固くなると効率よくふくらはぎの筋肉を伸び縮みすることができなくなります。
結果、ふくらはぎの筋肉に負担がかかりつってしまうんです。

筋トレで太もも裏がつる


続いては太もも裏が攣りやすい方についてです。
太もも裏にはハムストリングスという筋肉があります。
このハムストリングスに負担がかかりすぎると攣ってしまいます。
ハムストリングスの攣りに関しては姿勢のタイプが人それぞれなので大まかな特徴を話すのは難しいですが、
大きく分けて2通りの特徴があります。
1つ目は
体が前のめりを取っている方はハムストリングスが固くなりやすいです。
この前のめりの姿勢をとると分かるのですが、ふくらはぎやハムストリングスがかなり固くなるはずです。
いわゆる普段からハムストリングスを過剰に使って固くなっているタイプです。
固い状態で筋トレでハムストリングスに刺激を入れると、、
当然つりやすいですよね!
ハムストリングスをケアしてからトレーニングを行いましょう。
続いてはこんな姿勢を取っている方です。
このような姿勢もハムストリングスをつりやすい方です。
写真の姿勢を取っていただけると分かるのですが、
前ももとすねがかなり固くなるはずです。
ということは普段から前ももと脛の筋肉に負担がかかっているということですよね。
そうなると、普段からハムストリングスを使わなくなってしまうのです。
普段使わないハムストリングスを筋トレで急に使うと、、、
当然つりますよね

筋トレで足裏がつる

足裏がつりやすい方について解説していきます。
筋トレ中に足裏がつりやすい方は、
・足アーチが崩れていること
・足首の動きが悪いこと
が特徴です。
足首の動きが悪かったり、足のアーチア崩れていると足の指で補うという現象が起きます。
そうなると指に過剰な力が入って、足裏がつってしまうのです。

まとめ

・筋トレ中の攣りは水分不足とミネラル不足が原因
・加えてつってしまう筋肉に過剰に負担をかけている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。